TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

自転車通勤ガイド

トップ - メニュー  >  自転車で通勤?(申請書例はこちら)

自転車で通勤?(申請書例はこちら)


毎日、満員電車に乗って「痛勤」されている皆様、
お疲れさまです。最近、自転車で会社へ通う方が
増えているという話を聞いたことがありませんか?

普通、自転車と言えば最寄りの駅までの交通手段
だと思います。ところが既にオランダやドイツなど、
ヨーロッパ諸国では、自転車が二酸化炭素(CO2)
を出さない交通機関として見直され、都心交通の
主軸の1つとして活躍しています。

多少の訓練と一定ライン以上の自転車が必要
ではありますが、実は自転車で1日に、なんと
100km以上も走ることができるのです。ちょっと
驚きですよね!

東京近郊にお住まいの方で、会社までの距離が
片道20km以下の方であれば十分に自転車での
通勤が可能なんです。風の爽やかなこの季節、
もし興味を持たれたら、とりあえず休日にでも
自転車に乗って隣の駅まで走ってみませんか。
行けそうなら更にもう一駅行ってしまいましょう。
その内、きっと病みつきになりますよ。

但し、始める前にお勤めの会社の就業規則を必ず確認してくださいね。
(労災の認定に就業規則で記述の有る無しは関係ありませんが)
職場内のコンセンサスも取っておいた方が後でモメずに済みます。
自転車通勤を始めるにあたっては、自転車通勤申請書類を作成して会社に
提出しておくことをお勧めします。自転車通勤申請書文例は、こちら↓
http://tokyo-tookinist.com/modules/myalbum/photo.php?lid=244
http://tokyo-tookinist.com/modules/myalbum/photo.php?lid=245
http://tokyo-tookinist.com/modules/myalbum/photo.php?lid=249&cid=7

世の中にまだ自転車通勤という概念が定着していないため、
労災補償保険や通勤交通費の点で良い顔されないケースが
多いですから。(乗っていないのに電車賃の会社全額負担
はおかしい。通勤距離に応じた非課税範囲内で【例 10km
〜15kmで7,100円等】新たに設定するのが会社と社員の
お互いにとって、望ましいでしょう)

最初にやるべきは駐輪場の確保です。間違っても会社付近
のガードレールにワイヤー錠でロックしてはいけません。
強制撤去されても文句は 云えませんからね。
会社にシャワールームがあればベストですが、贅沢は云わない。
「トイレの洗面ボウルで顔を洗って着替え」ている方がたくさんいます。

自転車通勤を始めるなら、自転車総合保険に加入しておきましょう。
不注意で加害者になって多額の賠償請求をされるケースが増えています。
管理人が事務局長を務める自転車活用推進研究会に年会費5,000円を
支払って入会すれば自動的にau損保の自転車総合保険に加入できます。
NPO法人 自転車活用推進研究会 http://www.cyclists.jp/

自転車通勤を始める前に用意するもの
●自転車本体(ママチャリでも良いが通勤距離が長いとツラい)
●バッグ(リュックタイプがオススメ)
●泥除け(突然の雨にも安心)
●スタンド(スポーツバイクには付いていない)
●ペダル(スポーツバイクには付いていない)
●グローブ(手の怪我や寒さを防ぐ)
●ヘルメット(事故に遭った時に命を守る)
●前後ライト(前は白か淡黄色、後ろは赤です)
●ロック(用心のため2つ施錠するのがオススメ)
●ドリンクホルダー(ボトルケージと呼ぶ)
●ボトル(給水用ドリンク容器)
●携帯用工具(マルチツールなどと呼ぶ)
●予備のチューブ(パンク時用)
●携帯用空気入れ(同じくパンク時用)


プリンタ用画面


検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1509479

昨日: 1573
今日: 0105
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(51歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。