TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

画像投稿


Ms.ツーキニスト候補 Total:0 (0)
My自慢の自転車 Total:32 (32)
オススメのアクセサリー Total:75 (75)
管理人パブリシティ Total:22 (22)
今月のイラスト Total:45 (45)
私の通勤風景 Total:24 (24)
自転車のある風景 Total:22 (22)

   データベースにある画像は 220 枚です    

最新リスト

151 番〜 160 番を表示 (全 220 枚)« 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 (16) 17 18 19 20 21 22 »


ヘッドパーツのガタが取れず・・・。

ヘッドパーツのガタが取れず・・・。高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーMy自慢の自転車    前回更新2007-9-26 18:36    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数7495  コメント数0    
先日、この稿でも書いた通り、より格好良いかなと思ってステム
(フロントフォークとハンドルを繋ぐパイプ。写真ではC4と
書いてある部分)の上下をひっくり返して取付けたのだが、
ヘッドパーツ(ハンドルがスムーズに切れるようにするために、
中にベアリングが入っている部品)にガタが出てしまったのだ。

全てを分解してベアリング内部にグリスアップもしたのだが、
不整地を走行するとビリビリという不快な振動が伝わって来る。
これでは高級自転車の乗り心地にはほど遠い。トルクレンチで
しかるべきトルクに合わせて締め上げ、試行錯誤もしてみたが
やはりダメ。どこが悪いのかさえ分からず、ほとほと困って
しまったのだ。

かくなる上は自力での調整を諦めてプロのお力にすがることに
した。私がシクロディスクを買ったワイズロード上野店に相談
したのだ。ちょうど買って半年でもあるし、定期点検も兼ねて
診てもらおう。

調整してくださったベテラン店員の北山さんの見立てでは、
「どこにもクラックはないようだから後は締め方次第ですね」
とのこと。さんざんやってはみたのだが、まずはお手並みを
拝見。しばらくして「これでその辺を乗ってみてください」
と云われ、半信半疑で試乗したのだった。

なんと!ぴたりと振動が収まっているではないか。これには
さすがに舌を巻いた。北山さん曰く「トルクレンチを使って
何Nmで締めれば良いというものではなく玉アタリを見ながら
調整して行くのですよ」とのこと。いやはや恐れ入りました。

ヘッドパーツは締め過ぎもダメ、緩め過ぎもダメだそうだ。
当たり前だが流石はプロ。職人魂を見せていただきましたよ。

軽い気持ちでステムの着脱を行ってしまったのが今回の失敗。
以後慎むことにしよう。それにしても、やはりいざという時に
自転車専門店は頼りになるのだ。

ん?何かおかしいゾ・・・。え!パンクだ。

ん?何かおかしいゾ・・・。え!パンクだ。高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーMy自慢の自転車    前回更新2007-9-21 16:08    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3531  コメント数0    
今朝、自転車に乗ってしばらく走ると何やらゴムの擦れる音がする。
徐々に空気が抜けていたので結局目視では異常を見抜けず会社まで
そのまま乗って来てしまったのだ。

昼。弁当を食べ終えてから昨日やり残したボルトの増し締めをする
ためラックから自転車を降ろした所、後輪の空気が抜けてることに
気がついた。10,000km以上も通勤で走って来て、実はパンクは初
体験なのであるよ。まぁ尤も9,000km位まではMTBだったからね。
幅が太くトレッドのゴムが厚いMTBのタイヤはパンクと無縁だった
のだ。変な話だが、何だか今とても新鮮な気持ちなのである。

上の写真はイメージで後から撮ったものだが、刺さっていたのは
写真と同様にホッチキスの針。どうやればこれがタイヤに刺さる
のだろう?実に不思議なことだ。

パンク補修セットというものを、買ってからずっと持ち歩いて来て
ようやく出番となったのである。これも慣れないと結構面倒なもの
だね。手順通りにサンドペーパー掛け、脱脂、糊塗り、パッチ貼り、
圧着と進めたが、糊塗りの後すぐにパッチを当ててしまったので、
剥がれて来てしまった。そのためまた糊を足して押さえてとやって
いたら見た目がずいぶんと汚くなってしまったのだが・・・。

屋外で照明が無く、かつ作業台が無い場所での補修は大変だと実感
した次第。なんとか無事に作業を終了し、既に1時間以上経ったが、
今のところ空気の漏れは無いようだ。これで今日も走って帰れるな。
ようやく今、ホッと一息ついた所なのであるよ。

KTCの営業部長が来社

KTCの営業部長が来社高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-9-12 13:59    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3857  コメント数0    
実は先日KTC(京都機械工具株式会社)へ質問メールを出したのだが
すぐに丁寧な返信メールが返って来ただけでなく、営業担当者に近く
訪問させるので要望をお聞かせください、とあったのだ。

しばらく間があったが今週になって連絡が入り、一度お邪魔しますと
云うのでお役には立てないがと断った上で会うことにしたのである。

当サイトにも目を通して来てくれたので、私がボルトを折ったことも
ご存知であった。彼の説明によるとボルトも伸びるのだそうだ。上の
写真の左と右上はいただいたKTCのカタログだが左の写真にグラフが
あってボルトの伸びが表されている。直線になっている範囲は弾性域
と呼ばれて変形が元に戻る領域なのだが、その先にある曲線の範囲は
塑性域と呼ばれて変形が元には戻らないのである。双方の境界点の事
を降伏点と呼ぶらしいが、ここを過ぎるとボルトは一気に伸びて遂に
破断点を迎え、折れてしまうという訳だ。

まだ記憶に新しいトラックのハブ断裂による事故の数々は彼の説明に
よるとホイールナットの締め過ぎが大きな原因なのだそうだ。適正な
トルクで締める必要があるのはプロなら当然知っているはずなのだが
緩んでしまうことを恐れて、ついつい締めすぎてしまうケースが多い
らしい。

管理人自身、自宅にある様々な締め具を力任せに締め過ぎて壊して
しまうことが多く、カミさんにいつもバカにされるので良く分かる。

ともあれ、ボルト類は適正なトルクで締める事が重要だということ
を再確認した次第。そう云えば過日トルクレンチは音が鳴らないと
書いたが設定トルクによっては鳴る事が分かった。どうも低トルク
に設定すると音が鳴るのに必要な力が掛かる前に首が折れてしまう
ので鳴らないのだそうだ。これもKTCの営業部長に教えてもらった
のだ。

面白い話を聞いたのでお伝えしておく。クルマのタイヤ交換をする
際ホイールナットにL型レンチをかけ、その上に足で乗ってグイグイ
締める人がいるがあれは間違いなのだそうだ。車載工具のL型レンチ
はそのクルマのホイールナットを手で締める時に丁度良い長さに
設定されているのだそうだ。足で締めるのは御法度。手に持って×
の順に締めましょう。

KTCさんにはもっと低トルクに対応するデジラチェをラインナップ
に加えて欲しい、という要望を出しておいたぞ。

そうそう、右下の写真は何かと云うとAvidのBB7用ディスクパッド
である。これが2つで1台分なのだが、1つ3,000円近くもするのだ。
但し今日の様な雨の日でも制動力が落ちないので管理人はディスク
ブレーキを強くオススメする。実はロード用(700C)ホイールには
ディスク対応ハブをあまり見かけないのだけれど・・・。

上野不忍池まで試乗ポタリング

上野不忍池まで試乗ポタリング高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー私の通勤風景    前回更新2007-9-7 18:26    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3471  コメント数0    
台風一過で青空が広がった東京の、時おり吹く南の海から運ばれて
来た熱い風を感じながら、通勤ルート途上にある上野不忍池まで
試乗を兼ねてポタリング(自転車散歩)へと出掛けて来たのだ。

うーん、速いよ。軽く30kmを超えるね。サスフォークとサスシート
ポスト、おまけにコンフォートサドルだからロスしまくりなのだけど
650C(26インチ)+アウター44Tの一般的なMTB仕様と比較すると
桁違いに速い。

700C(27インチ)に変更するとモッサリして面白味が失われると
おっしゃる方もいるが、街なかで乗るにはスピードが出た方がよい。
都内に激坂は無いのでスプロケ1速の34Tは軽すぎるのだが、なに、
2速発進すれば良いことだ。

上野不忍池は四季の移り変わりが如実に体感できる貴重なスポット
なので、わざわざ毎朝この周回路を通って会社に向かう。夜、帰る
時は暗いだけで何も見えないので車道を走って帰るのである。

今日は台風の通過に備えるため、一箇所に集められてロープに
繋がれたスワンボート達が水面でゆっくりと揺れていた。朝の
周回路は犬の散歩をする人、ジョギングする人、公園に住んで
いる人とそれぞれだが、夕方の周回路は近所の大学から来た
運動部の連中が必死の形相でダッシュをしていた。あ、写真に
2人乗りの青年達が写っているね。こらこら降りなさいよ。

念願のトルクレンチだったが・・・。

念願のトルクレンチだったが・・・。高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-9-6 17:48    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数8926  コメント数0    
自転車に組み付けられているボルトの類は全て、あるべきトルクで
締めてあるのが理想だ。きつく締めれば良いと云うものではない。
例えば、写真右下にあるバーエンドには5Nmという表示がある。
その力で締め付けるのがベストと云う訳だ。

実は先日、通勤に使っているシクロクロスのステムを上下逆さまに
ひっくり返して締め直したのだが、ガタが出てしまった。きちんと
締めたはずなのだが、地面が悪いと以前は感じなかった妙な振動を
感じるようになったので、これは締め付けトルクがあるべき数値と
違うからなのだろうと推測し、これまで買おうか迷っていたトルク
レンチを買ってあるべき数値で締めてみようと思った次第である。

さて。早速本日届いたレンチを、いきなり試運転(?)もせずに
グイグイ締め付けた結果が、先ほどご覧いただいたエンドの前に
転がっている哀れなボルトの最期である。

設定トルクは間違ってなかったのだ。きちんと5Nmに設定して
回したのだが、機械モノは最初動きがスムーズではないケースが
往々にしてあるものだ。カッチという音がしたら止めればよい、
と疑いもせずにグイグイやるとボルトを折ってしまうことになる。

ちなみに後で分かったのだが、カッチという音はしない。コクン
というヘッドの折れで設定トルクに到達したことが分かるのだ。
どうでもよい所で練習してからやるべきだった・・・。

私の失敗を繰り返さないよう、最初に力一杯締めてもよいボルト
を最低のトルクで締めてみよう。ボルトが折れることもあるのだ
と認識しながら締めて行こう。道具は使いこなせるようになる
までに少し時間がかかるものだ。これには経験を積むしかない。

プロクソン1/4トルクレンチとHEXビットセット(5Nm〜30Nm)
これより小さいタイプはトルクドライバー(1Nm〜5Nm)がある。

F600のBADBOY化計画完了

F600のBADBOY化計画完了高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーMy自慢の自転車    前回更新2007-9-5 14:09    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4426  コメント数0    
昨日の画像投稿の欄でも書いたのだが、ハードテイルMTBである
F600を街乗り仕様に変更するために時間と手間を掛けて来たのが
完成したのでお披露目したいと思うのだ。

改良点は大きく2つ。1つ目はホイールをインチアップしたこと。
2つ目はクランクセットを44-32-22Tから48-36-26Tへ大径化
したこと。この2点に関連して、やれBBだのディスクローターの
仕様変更だのあって予想外に時間と手間が掛かってしまったのだ。

写真では比較が出来ないのだが、26インチのタイヤを27インチ
に上げるだけでも雰囲気はガラリと変わる。ホイールは取って
おいていつでも元に戻せるようにするつもりだ。

この自転車は主にポタリング(自転車散歩)用として撮影機材
を積んで走ることにしたい。そのための装備として、TOPEAK
のキャリアとバッグをセットで購入した。キャリアもバッグも
必要に応じて取り外しができ、見た目にも美しいのである。
(写真下左)

蓋を開けると中にはスポンジを敷いてあり、撮影機材が振動で
壊れないようにしてある。(写真下右)

早速試乗へと繰り出したいのだが、さっきから雨が降ったり、
止んだりで不安定な天候なので今日の所は諦めるとしよう。

リムテープとBBカップ用工具

リムテープとBBカップ用工具高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-9-4 22:39    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4507  コメント数0    
先日手に入れた700Cの前後ホイールにタイヤを装着しようとして
ふと気がついた。「そうだ、リムテープを買って来なきゃ」と。

実は1カ月ほど前、フレームで買って組み上がったばかりのF600
を街乗り仕様に改造しようと思い立ち、アウター48Tのチェーン
リングがついたクランクセットへ変更、ついでに(と云うか必然的
に・・・)BBもシマノのオクタリンクへと変更。F600のフレーム
におまけで付いて来たスプロケは9速(トップ)が歯飛びを起こし
まくるので、これもXTRの中古を購入、改造の目玉となる650C
(26インチ)タイヤのインチアップ、700C(27インチ)への変更
をすべく探していたのがようやく昨日来たのだ。要するにF600の
バッドボーイ化であります。(バッドボーイは街乗り用自転車 ↓ http://www.cannondale.co.jp/bike/UR_badboy.html

リムテープには当然700C用と650C用があり、その中でも15mm
と18mmがある。予め買っておこうかと考えたのだが、入手次第
リム内幅を測ってから買った方が失敗が無いだろうと思い直して
買わなかった。ちなみにリムテープも消耗品なので、タイヤ交換
のたびにチューブと一緒に替えた方が良いだろう。

右の写真はリムテープと共に本日買って来たBBカップ用工具だ。
BBもカートリッジタイプからインテグレーティッド(一体型)
タイプへと進化して来ており、1つ持っておいても損は無いと
判断したのだ。台紙にどうやって使うのかの写真が載っている。
もしお持ちの自転車のBBがこのタイプならこいつの出番だ。

自転車部品は小さい割に高いものが多い。この工具は1,000円
程度だが、Avidディスクブレーキのパッドが片方2,800円+α
もするので躊躇った挙句、買わずに帰って来てしまったのだ。
でも安全には代えられないから、いずれは買うしか無いのだが。

2007年8月のトップページイラスト

2007年8月のトップページイラスト高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー今月のイラスト    前回更新2007-9-3 19:49    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2934  コメント数0    
制作:モリナガ ヨウさん(1966年東京都出身 身長180cm)
HPはこちら → http://marumo.oops.jp/
表紙の言葉:夏なので海系か?ということで近場の某半島である。
海がどろんとしていると暑そうだから、びゅうびゅう風を吹かして
みた。

ビーチを走らせようかと思ったが、さすがに、自転車が走るのは
大変らしい。(原画サイズ約20センチ×15センチ)

TOKYU HANDS 銀座

TOKYU HANDS 銀座高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー自転車のある風景    前回更新2007-9-3 16:14    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2885  コメント数0    
去る9月1日(土)、プランタン銀座の隣に商業ビルマロニエゲート
がOPEN、5F〜9FをTOKYU HANDS 銀座が占めている。9Fフロア
には自転車売場もあるのだが、銀座店の立地とイメージ戦略上台数
は限られている。トーキョーバイクの自転車が5〜6台あってメイン。
ハンズは前からこのブランドが好きだね。売場には「東京は自転車
で回ると楽しい」と書かれたPOPがあり感動してしまったのである。

驚いたのが、折り畳み自転車の双璧ブロンプトンとBD-1を置いてある
ことだ。自転車売場フロアの大きい渋谷店にも新宿店にも無いのに!
やはり、見た目のインパクトを重視したようだな。小振りな敷地面積
だが必要最低限の物は置いてあるので、これからもちょくちょく利用
させてもらうとしよう。

プラネットバイクのフロアポンプ

プラネットバイクのフロアポンプ高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-8-31 19:03    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数6868  コメント数0    
自転車のある家なら1つはあると思われるフロアポンプ(空気入れ)
だが、ママチャリに使われている英式バルブ専用である場合が多い。
MTBは米式、ロードレーサーは仏式が標準なのだが、いずれも英式
用ポンプでは空気を入れられないのだ。

米仏英式全てに入れられるフロアポンプも数多く出回っているので
お持ちでない場合は1つ買っておいても良いだろう。但しここでも
選択肢が幾つかあるので買う前に検討していただきたい。

家にフロアポンプが1つも無く、またママチャリもお持ちの場合は
必然的に米仏英式の全てに使用可能なものを選ばないといけない。
英式バルブ用アダプター(トンボロ)を後で買うこともできるが、
予めチェーンでつながれて売られているものを選ぼう。

シリンダーの材質も大きく分けて3つある。安い方から順にプラ製
アルミ、ステンレスとなっている。ロードレーサーは7〜8気圧の
空気を入れる必要があるのでプラ製のポンプでは正直、心許ない。
自動車のタイヤは2気圧程度なので如何に自転車のタイヤが高圧か
ご理解いただけるだろう。ちなみに米式バルブは自動車のバルブ
と同じなのでガソリンスタンドでも空気が入れられる。

さて、写真左側にフロアポンプの圧力計を載せたが、圧力計も
付いているものといないものがある。管理人は付いている方が
分かりやすいので圧力計付をオススメする。圧力計も各社各様
見やすいの見づらいのがあるので良く見比べて選んで。但し、
この圧力計はあくまでも目安なので、正確な空気圧を測るには
自転車用のタイヤエアゲージを使いたい。

プラネットバイクのフロアポンプは持ち手がユニークで使い易い。

151 番〜 160 番を表示 (全 220 枚)« 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 14 15 (16) 17 18 19 20 21 22 »



検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1631227

昨日: 0405
今日: 0032
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(52歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。