TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

画像投稿


アルバムトップ : 内海 潤 Total:211

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (Z → A)

1 番〜 10 番を表示 (全 211 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 22 »



両面キャッチのビンディングペダル

両面キャッチのビンディングペダル高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-6-8 19:59    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5886  コメント数0    
シマノのSPDクリートに対応するビンディングペダルを以前から使用
していたのだが、表裏別顔の片面キャッチだったのでスニーカーでも
漕げる仕様になっていた。ただよく考えてみると自転車通勤時は常に
クリートシューズを履いているので、スニーカー用に片面を空けて
おくのは無駄だと気付いたのだ。

こちらのビンディングペダルは往年のシマノ高級ペダルPD-M737。
ツヤ消しの黒が同色の本体に実に合う。まるで誂えたようである。

裏原宿のワインバー

裏原宿のワインバー高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー自転車のある風景    前回更新2007-6-8 20:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3214  コメント数0    
裏原にあるおしゃれなお店の前には自転車が置かれる事が多くなった。
流行に敏感な方がこぞって自転車に乗ってくれると一気にメジャーな
乗り物になってくれると期待しているのだが、管理人の周りには
どちらかと云うと体育会系の諸兄が多いので、女性ツーキニストが
増えてくれると嬉しいと切に思うのだ。これは願望も含めてなのだが。

裏原のカジュアルファッションショップ

裏原のカジュアルファッションショップ高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー自転車のある風景    前回更新2007-6-8 20:01    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数4845  コメント数0    
こちらのお店の前にはビーチクルーザー風の自転車が止めてあった。
カジュアルなファッションで乗りこなすには似合いの1台ということ
なのであろう。あまりスピードを出して乗るイメージではないのは
確かである。原宿のカリスマ美容師さんに颯爽と乗っていただきたい。

油圧式ディスクブレーキ

油圧式ディスクブレーキ高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーMy自慢の自転車    前回更新2007-8-1 10:11    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数5117  コメント数0    
管理人はディスクブレーキが好きで、自転車通勤開始以来これまでに
4台の自転車を乗り継いできたが、その内3台がディスクブレーキ仕様
である。内2台はメカニカル(機械式)ディスクブレーキだったので、
今回ハイドロリック(油圧式)ディスクブレーキに初挑戦することに
したのだ。

何事も「初めて」と云う時は緊張するものである。リアキャリパーの
セッティングは難なく済んだのだが、フロント側でトラブルが発生。
ミネラルオイルのエア抜き(写真参照。気泡が上がって来ている)を
して、さあ仕上げと思った矢先ブレーキホースのレバー側ジョイント
部分からオイルがポタポタ漏れて来た。それだけにとどまらずなんと
キャリパー側のジョイント部分からもオイル漏れを発見してしまった。

慌ててオイルを抜いてホースの先に付けたオリーブを点検したが異常
は無い。もしかして締め付け不足?こう云う時はトルクレンチがあれ
ばいいなと思うのだが、高いものなのでいつも躊躇した挙句にやめて
しまうのだ。結局は締め付け不足のようで、オイル漏れは止まった。

一通りやってみると「なるほど、こうなっているのか」と理解も早い
訳で、怖がっていても進歩が無い。多少の失敗はそのまま経験になる
と信じて、この稿の読者の皆さまの役に立つ記事を書いて行く所存だ。

毎日コミュニケーションズ「COBS」で管理人が紹介されました。

毎日コミュニケーションズ「COBS」で管理人が紹介されました。高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー管理人パブリシティ    前回更新2009-5-7 12:15    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3011  コメント数0    
2008年12月25日発行「COBS」

歩行者を脅かさずに気付いてもらえるカウベル

歩行者を脅かさずに気付いてもらえるカウベル高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2011-9-30 17:23    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数17335  コメント数0    
自転車にカウベルを付けて走ると、優しい音色が鳴って歩行者が気付いてくれます。

こちらのカウベルを付けますと自転車歩行者道を通行する際に地面のギャップで音が鳴り、
歩行者が自転車に気付いてくれるというものです。

普通の自転車用ベルを鳴らしますと「どけどけ」と聞こえてしまいますが、
こちらのカウベルなら自然に鳴りますので、嫌味が無く自転車の存在に気付いてもらう
ことができるのが良い点です。
ニッケルメッキを施したキーリングが付属していますのでブレーキワイヤーなどに通して、
すぐに使用開始できます。

★TOKYOツーキニストのロゴシールが付きます。黒か緑を指定してください。

新品・未使用。
入金方法はかんたん決済と銀行振込に対応します。
発送方法は落札者様と相談の上で決めたいと思いますが、
基本的に定形外郵便(120円)を考えています。

欲しい方はヤフオクで入札(即決です)してください。
歩行者を脅かさずに気付いてもらえるカウベル

片手でフタが開く!ペットボトルキャップ

片手でフタが開く!ペットボトルキャップ高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2012-4-24 16:54    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数10154  コメント数0    
自転車専用ボトルを買うほどではないと考えている方に向けて、
優れモノをご紹介します。

 こちらのペットボトルキャップはワンタッチでフタが開きますので、
信号待ちなどの際に素早くノドを潤すことができます。

 細菌発生等の衛生面やボトルを洗う手間が面倒だとおっしゃる方は
毎回ペットボトルを買って飲んだ方が便利と言えますが、キャップの
開け閉めが面倒なのが難点でした。

 このペットボトルキャップは構造がシンプルなので洗浄しやすく、
衛生面でも安心できます。

★TOKYOツーキニストのロゴシールが付きます。黒か緑を指定してください。★

新品・未使用。 入金方法はかんたん決済と銀行振込に対応します。
発送方法は定形外郵便(120円)を予定しています。

欲しい方はヤフオクで入札(即決です)してください。
片手で開く!ペットボトルキャップ

不忍池の鴨たち

不忍池の鴨たち高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー私の通勤風景    前回更新2008-2-18 11:28    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2196  コメント数0    
正式名称を上野恩賜公園という、いかめしい名前がついた上野
公園だが、実は日本の公園第一号なのだそうだ。その約1/3を
占めるのが、ここ不忍池(しのばずのいけ)である。

休日ともなると、親子連れがボートで歓声を挙げるほのぼのと
した光景が広がるが、平日の朝はジョギングをする人、歩いて
出社を急ぐビジネスマン、空缶を集める浮浪者、落ち葉を掃き
清める近在の方、そして我々ツーキニストが周回路を往来する。

あと、主要な住民がいる。鴨を主とした渡り鳥達である。ここ
の鴨たちは実にのんびりとした様子で人を怖がらない。きっと
パン屑をやるおじさん達に親近感を覚えているのに違いない。

時々自転車に轢かれそうになって大慌てで道を空けるのだが、
野生の動物にありがちな、恐る恐るこちらを観察し隙あらば
飛び立つといった危機感が欠けている。元来陸上では敏速に
行動できない体形だからか、何ともユーモラスな仕草もする。

冬の不忍池は彼らの格好の越冬地なのであろう。毎年、冬に
なると決まって大勢の鴨たちが飛来するのだ。足の踏み場も
ないと云えば大げさになるが、それでも周回路にはかなりの
個体数が闊歩している。写真のようにパン屑おじさんの周り
には、すぐに鴨だかり(?)ができるほどだ。

鴨たちは遅くとも初夏にはいなくなるが、桜の咲く頃までは
居座るので、鴨ファンの方は(いるのか?)不忍池を訪れて
みられるとよい。他にも鷺や川鵜の仲間が見られる事もある。
足を延ばせば博物館も点在するアカデミックなエリアなので、
1日かけてゆっくりと楽しめるのであるよ。

鼻の高さに合わせてくれるサングラス

鼻の高さに合わせてくれるサングラス高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリーオススメのアクセサリー    前回更新2007-10-30 11:57    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数3889  コメント数0    
説明書を良く読むと書いてあったはずなのだが、あまり読まずに
捨ててしまったので気付くのが遅れてしまった。

実は管理人のサングラスは鼻パッドの角度が変えられるタイプの
ものであったのだ!

写真を見ていただくと一目瞭然である。鼻の低い管理人はいつも
知らずに幅広状態にしており、ずり落ちるのを仕方の無いものと
諦めていたのだが、ふとしたキッカケでパッドを内側に倒した際
そのままの角度で止まったので「これは!」と感動した次第だ。

これまでは押し付け過ぎてまつ毛がレンズに触れることもあった
のだが、今後はもうその心配も無い。今朝から既に幅の狭い状態
で快適走行して来たのであるよ。

更に(これは知っていたのだが)、頬高の方向けにヒンジ部分で
テンプル(つる)の角度を3段階に変えられる。鼻低・頬高の私
にとって、この調整機能は実にありがたいのである。

八重桜にバトンタッチ

八重桜にバトンタッチ高ヒット
投稿者内海 潤内海 潤 さんの画像をもっと!   カテゴリー私の通勤風景    前回更新2008-4-11 18:21    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数2405  コメント数0    
花だけ先に咲くソメイヨシノが日本人の心の故郷であることは
疑う余地がないことを管理人も認めるが、白に近い花びらの色
や一重であるがゆえに、ともすれば淡白な印象をぬぐえない。

その点八重桜は派手な花を付ける。花びらは8枚どころか、その
倍はあろうかと思わせる重厚感がある。散り際の艶やかさは、
ソメイヨシノの比ではない。何度も書いて恐縮だが、管理人の
中では八重桜がベストオブ桜なのであるよ。

カミさんに云わせれば「桜餅」を連想させる葉が、花と一緒に
芽吹くのがあまり好きではないそうだが、なるほど確かに全体
で見れば、品格の面でソメイヨシノの方が一段上かもしれない。

桜の品格など、どうでも良い話だが「かくあるべし」といった
品格がこのところ、盛んにビジネス書のタイトルになっている
のは、日本人が本来あるべき姿を見失い自信喪失に陥っている
ことの裏返しではないかと見ているのだが、如何だろうか。

まあいい。桜の話に戻ろう。ソメイヨシノという樹は街道沿い
にこれでもかと植えられているのだけれど、八重桜は公園など
に植えられることが多い。八重桜が並ぶ街道もあるにはあるが、
圧倒的にソメイヨシノが多数派なので、管理人としては八重桜
を増やして欲しいのだが、散った後の掃除が大変かも知れない。

しだれ桜や山桜なども細々と植えられているが、いずれにしろ
冬の間は枯れ木の状態なので、春になって初めて「ここにも桜」
となる訳である。

桜が終わると一気に暑くなって来る。春よ行かないでくれとは
云ったとしても叶わぬ望みである。季節は粛々と、その歩みを
止めることはない。やがて新緑がまぶしい季節がやってくる。
更に夏、秋、冬と過ぎて、また春がやって来る。来年も花見が
出来るだろうかと思いながら、また1つ歳をとったことに気付く
のだ。

新学期、新年度が既に始まっている。毎日を精一杯、悔いなく
過ごしたいものである。個人的には八重桜の花吹雪を楽しみに
しつつ、新通勤ルート開拓にチャレンジしたいと考えている。

1 番〜 10 番を表示 (全 211 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 22 »



検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1522829

昨日: 0376
今日: 0100
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(51歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。