TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム


2010年02月25日
荒サイミーティングに新メンバー加入(管理人のひとりごと)


 今週はサイクリングジャパン春号の校了明けで、のんびりと愛車のメンテナンスなど
をしながら過ごしているが、たまたま同じビルで起業したバイシクルプラネットの城戸
さんとも初めてゆっくり話をする事ができた。

 聞けば自転車の普及に役立ちたいと思って起業したそうで、管理人ともすぐ意気投合
して一緒に何かできないかと考え、I編集長との荒サイミーティングを紹介したら、是非
参加したいとの事だったので、本日早速3人で荒サイを走って来た。

 先週までの寒空が嘘のような汗ばむ陽気で喉が渇いたが、城戸さんは買ったばかりの
CAAD9キャノロードでグイグイ走って行く。こりゃ、伊達に片道33kmをジテツーして
ないなと舌を巻いた。

 I編集長の話を聞いて、城戸さんには思う所があったようだ。フリーランス仲間として
是非とも成功してもらいたいので、出来る限りのサポートはしたいと思う。とりあえず
平日の昼間から気持ち良く自転車に乗ることが出来る環境を一緒に楽しみたい。

 写真は新しく導入したディスクローターと分解、清掃してパッドを入れ替えたディスク
キャリパー。タイヤ、チューブ、リムテープ、クランクセットを交換し、ベアリングには
グリスを充填した。快適な走行のはずだったが、ギアのインデックス調整が上手く行かず
ストレスが溜まった。また、試しに買ってみた172.5mmのクランクは長過ぎる気がする。
試してみたかったので、これは仕方がない。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 21:47:47 on 2010/02/25 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年02月22日
梅の香ぞ匂ひける(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は5℃で曇り。週間予報では今週から大幅に気温が上昇し、にわかに春
らしくなるとの予報だったので、そのプラシーボ効果もあってか今朝の体感気温はもう
少し高かったのだが、意外に低い電光寒暖計の表示にあれれ?と思ってしまった。人間
の感覚はやはりアテにならない。

 気温だけ見ると相変わらず寒い朝が続いているのだが、目を凝らせば春の訪れは確実
にそこまで来ている。先日から気付いていたのだが、通勤ルート上にあるお宅では白梅
の花が見事に咲いているし、先週末、石神井公園駅付近で咲き始めている桜の樹を発見
して驚いた。花の色がソメイヨシノより濃いので、どうやら河津桜の一種のようだ。

 先日、この稿で触れた知人は恐らくこの時期のそれらを春の予兆として好むのだろう。
管理人は平成元年の春に満開の桜が咲く武道館の様子が映像記憶として頭から離れない。
その年、管理人は社会人としてデビューしたのだが、あの日の花吹雪を見て以来、それ
を超える桜を見た事がない。今でも武道館の桜は当時と変わらずそこにあるのだろうが、
見る眼が変わってしまった今では、同じ桜でも違って見えるに違いない。

 現在の知識を持ったまま、あの頃に戻りたいと考えている方は大勢いるだろう。もう
一度やり直せるなら、あの時は絶対にこうしようとか、これはやらないでおこうとか、
色々と思いを巡らせる。詮無い事とは知りながら、後悔や反省を無に帰したいという
願いがそうさせるのだろう。もしもタイムマシンがあったら、どうなるのだろうか?
知りたい気もするが、知らない方が良いのではとも考える。少なくとも今の時点では
選択肢がないのだけれど。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 11:37:43 on 2010/02/22 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年02月19日
カーブミラーが寒さで曇る(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は5℃で曇り。相変わらず寒い朝が続いているが、それにしても、今年
2月の東京はとにかく雪が多すぎて困ってしまう。一冬にせいぜい一度あるかないかの
積雪がこの2月だけで既に三度もあった。地球温暖化説はガセネタで、その実地球は
冷えて行っているのだという楽観論は虚しいだけだが、異常気象と考えるとすれば
サインはあちこちに存在する。

 今朝などは久々に自転車で出社できたのだが、辻々に立っているカーブミラーが寒さ
のために曇っていて見えない!これには困った。ところが、近所にあるカーブミラー
の中には全然曇っていないミラーもあって不思議で仕方がなかったが、先ほどネット
で検索してみて、その答えが分かった。

 カーブミラーというのは、すべからく鏡面仕上げのステンレス製なのだと思い込んで
いたのだが、カーブミラー販売会社のカタログを見てみると、アクリル樹脂製だったり
強化ガラス製だったりする事が分かったのだ。そうだとすれば、恐らく今朝曇っていた
のはステンレス製ではないか。熱伝導率の良い金属製だからこそ周囲の気温低下と共に
急激に冷え水滴が付着(結露)したのではないだろうか。

 サイクリングジャパン春号の納品が近づいている。今、最終の校正作業中なのだが、
管理人の気分はそういう訳で、もうとっくに春である。今時期のキリッと冷えた空気の
中に、微かに春の芽吹きが感じられるのが好きだと云う知人がいたが、管理人は春爛漫
の時期の方が分かりやすくて好きだ。早く暖かくなってくれないかなあと、そればかり
考える今日この頃である。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 01:28:10 on 2010/02/20 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年02月15日
モリナガヨウさん、怒る(管理人のひとりごと)


 2月に入って以降、東京は寒い日が続いている。今年の1月は記録的に雨が少ない上に
平均気温以上だったそうなので、自転車乗りにとっては幸せな日々が続いていたのだが
ここに来て、自然界の厳しさを思い知らされる事になった訳だ。ツーキニスト疋田さん
もメルマガで「走れば暖かくなるのは分かっているのだが走り出しが億劫だ」と書いて
おられる通り、走り出すまでの葛藤に読者諸兄もお悩みなのではないだろうか。新しい
自転車を買ったとか、新しいパーツを買ったとか、これまでにはないモチベーションが
あれば、寒空に飛び出す勇気も湧いて来るのだけれど、それもないと気分が乗らない。

 さて、短い2月も半分が過ぎた。ウカウカしているとあっという間に春になってしまう。
先日、2月のイラストを描いてくれたモリナガヨウさんから「自転車乗りの信号無視は
もう少し何とかならないのか!」というお叱りをいただいた。高校生等が、携帯電話を
操作しながらフラフラと逆走して来るのなら仕方がないと。歴としたロードバイクの
自転車乗りが逆走したり、信号無視をしたり、二段階右折せずに曲がったりするケース
が多くてドライバーとして頭に来ることばかり、と怒り心頭のご様子。耳が痛いのだ。

 この稿をお読みいただいている方の中には、よもやそういうご仁はいらっしゃらない
と固く信じているが、世のドライバー達、歩行者達からのリスペクト(尊敬)無くして
自転車の市民権獲得は無いと常々思っている次第。自転車人気の高まりと共に母数が
急増しているので、中にはルールをご存じなかったり、変な人が一定数出現するのは
やむを得ないのだが、ルールを分かっている人までが違反するようだと、お先は暗い。

 公道で50キロ出したとか坂道で70キロ出たとか云っている内はアマチュアである。
きちんとルールを守ること、安全に運転することが格好良いことだと認識して欲しい。
事故を起こして、他人の一生を台無しにしてしまってからでは手遅れなのである。
心当たりのある方は一刻も早くChange! していただきたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 20:07:06 on 2010/02/15 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年02月12日
日本橋〜川口〜浅草〜渋谷〜練馬サイクリング(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は3℃で氷雨。朝、家を出る時は曇り空だったし、天気予報でも東京は
一日曇りと云っていたので、鵜呑みにしたのが運の尽き。途中からしっかり降られた。
しかもミゾレ混じりの冷たい雨で、普段なら途中から暑くなる身体も冷えきったままだ。

 お天道さまへの恨み節はこれ位にして、一昨日の楽しいサイクリングについて報告
しておく。いつもの通りI編集長と荒サイを走ったのだが、今回は女優の高瀬媛子さん
が一緒だったので楽しさも2倍である。川口駅に集合して自転車3台で荒サイへ出撃し、
北千住で国道4号線へ上がって浅草へ向かった。目的地は浅草の名店「大黒屋」。

 荒サイは風が冷たかったが、I編集長のくれた「月餅」と「しばれあんだま」のお陰
で一息つけた事もあり楽々とクリア。国道4号線は交通量が多く自転車向きの道路では
ないが、何とか浅草まで辿り着いて、目的の天丼にありつけた。

 大黒屋の海老天丼は大きな海老が何と4本も入っているのだが、一見すると3本しか
入っていないように見える。ところが、写真のように箸で摘んで上げると、その下から
隠されたもう1本の海老が顔を出すという趣向が凝らされているのだ。

 ごま油の香ばしい匂いと濃厚なたれが相まって、ボリュームのある天丼がどんどん
胃袋に吸い込まれて行く。あっという間に完食したが、その後、胃もたれもせず夜まで
腹持ちが良かったのには正直驚いた。管理人は繊細なのか某天丼チェーンで食べた後は
必ず胃もたれするのだが、恐らくは使っている油の差なのだろう。

 今回、初めて本格的なクロスバイクに乗ったと云う高瀬さんを引いて、浅草から渋谷
まで走ったが、初めてとは思えない健脚ぶりに感心した次第。もっとも高瀬さんは普段
からジョギングをしているので驚く事はないのかも知れない。トレック7.3FXがとても
気に入った様子だった。

 高瀬さんと別れた後、雨が強く降って来て閉口したが、無事に自宅まで帰り着いた。
走行距離は64.5kmと出た。自宅から会社までは18kmほどあるので、一日の合計は
80km強という事になり、まずまずである。通勤ライドだけでは味わえない、楽しい
「サイクリング」だったと思う。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 21:37:52 on 2010/02/12 [コメント(0)][トラックバック(0)]

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044389

昨日: 0201
今日: 0104
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。