TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム


2010年07月26日
南魚沼の夜は静かに熱く(管理人のひとりごと)


 南魚沼市からお招きがあり、昨日からシンガーソングライターのNILOさんと新潟県
へ行って来た。魚沼と云えば米。そう魚沼コシヒカリである。稲田はどこまでも碧く、
風を受けてそよそよとたゆたう。今年も豊作になりそうだ。

 魚沼コシヒカリは福井の試験場で生まれた品種だそうで、ルーツは福井だそうだが、
「越のくに」新潟で光り輝いた訳で魚沼コシヒカリは最早揺るがないブランドである。
越後湯沢で新幹線を降り、そんなエピソードなどを聞きながら昨年のNHK大河ドラマ
「天地人」の舞台となった南魚沼市へ。

 市の中心部にある六日町大橋改め愛の大橋のたもとに地元出身の英雄、直江兼続公と
桂姫の銅像を建て、恋人達の聖地として認定を受けた市が、地元の民謡「お六甚句」を
ボサノバ風にアレンジして欲しいと依頼して来たのが5月。かなりタイトで心配したが、
何とか形にして収めた。銅像の下にはハート型の穴があり、恋人同士で手を差し込むと
NILOさんの歌が流れる仕掛けになっていてユニーク。ちなみにお六とは直江兼続公の
幼名である。

 除幕式後のライブではグループサウンズなどのカバーで芸歴の長いレイアウトバンド
とセッションをさせていただき、NILOさんがお六甚句の6番まである歌詞をカンペなし
で歌い、地元の観客達から大変驚かれ、かつ喜ばれた。さすがプロだね。

 NILOさんは先週、徳島日和佐のうみがめトライアスロンに出たばかりだが、来月の
8日に北海道で、またトライアスロン大会に出場予定。既に複数の雑誌編集部が取材で
同行することになっている。管理人も痩せる前はトライアスロンなんて一生縁が無いと
思っていたのに、痩せたら出来そうな気がして来たのでNILOさんに尋ねたら、ショート
(オリンピックディスタンス/スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmで計51.5km)
なら充分完走できますよ!と励まされて、その気になっている。

 イベント後の打ち上げ飲み会では、地元イベントスタッフにMTB乗りの方もいて大変
盛り上がった。皆さん一生懸命に良く動いてくださって、ありがたかった。米も酒も人
も素晴らしい南魚沼。来月また縁あって伺うことになっているが、今から楽しみである。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 20:30:25 on 2010/07/26 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年07月22日
暑っちぃぃぃ(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は32℃で快晴。昨日が33℃だったから少し涼しいな、って云っても
めちゃくちゃ暑い。今週に入って連日の猛暑である。熱帯夜で寝苦しい思いをされて
いることと思う。バテないように体力を温存していただきたい。夏は、まだ始まった
ばかりだ。

 青空は抜けるように蒼く、熱気ムンムンの夏らしい夏である。エアコンがバカ売れ
したり、涼感寝具の販売量が伸びたりしているそうだ。やっぱりイイな夏。夏は暑く
なきゃダメだが、熱中症で亡くなった方が3人もいるらしい。既に朝から炎天下なので、
我々も注意しなければならない。

 それでも管理人は、かなり痩せたことで昨年より快適なように思う。毎年、体重が
増加していたので、年を追うごとに夏がキツくなっていたが、今年は暑さを楽しむ
余裕がある。人間、変われば変われるものだ。

 疋田さんが芝浦にマンションを買って自転車通勤の距離が短くなり体重が増加した
らしい。恒例の乗鞍ヒルクライムまでにダイエットするそうだが、間に合うだろうか。
彼はお酒が好きだからな。旨いものを食って飲んで、運動不足になれば太るのは自明。
次回会った時の驚いた顔が楽しみだ。「なんでそんなに痩せちゃったの」と云うだろう。

 だから引き続き炎天下でも継続して自転車通勤の日々である。朝は辛いが夜は比較的
走りやすい。ボトルが1本だと足りなくなって来たので、来週からは2本にするかな。
身体が軽いと自転車通勤だけではもの足りなくなって来た。マラソンかトライアスロン
にでも挑戦してみようかなと思う。最近は考え方まで変わって来た次第。

 管理人 拝

*夏と云えば氷!風物詩である。「冷やし中華始めました」も探したのだが発見できず。
Posted by 内海 潤 at 15:47:15 on 2010/07/22 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年07月20日
梅雨明け&猛暑(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は32℃で快晴。気象予報士の云った通り梅雨明けと同時に猛暑が
やって来た。ヤァヤァヤァ!(40代以上の人にだけ分かる掛け声)朝から文字通り
の炎天下である。3連休は良い天気に恵まれ、水辺のレジャーはどこも盛況で各地
の高速道路上りはノロノロ運転だった様子。遠出された皆様、お疲れさまでした。

 管理人はどこへも行かず自宅でゴロゴロして過ごしたが、日中は都心でも35℃を
超える猛暑日が続いて、熱中症で運ばれた方も多かったようだ。日頃の運動不足解消
にと走るのは良いが、何も炎天下に運動するのことはないので、朝か晩を活用すれば
良いのにと思う。

 夏になると信号待ちをしているクルマの脇を通る時、エンジンの熱がモワァと来る
ので閉口する。軽トラックに乗ったお兄ちゃんが霧吹きを積んでいるのが見えたが、
暑い時にシュッと顔に一吹きするのだろう。あれは良いね。

 過日この稿でも書いたが、夏は冬よりも好きだ。汗は出るが、自転車で風を切って
走るとスッと引くのが心地良い。室内でエアロバイクを漕ぐと滝のように汗が出るが
屋外だと風で蒸散するのだろう。風の力は、やはり偉大だ。

 子ども達は、いよいよ夏休み。あの長く楽しい日々が始まるのだ。我が子達には、
どんな思い出を残してやれるだろう。プランニングに精が出る今日この頃である。

 管理人 拝

*写真は皇居・平川門から大手町方面を眺める
Posted by 内海 潤 at 12:07:50 on 2010/07/20 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年07月16日
関東地方梅雨明け・・・か?(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は30℃で晴れ。既に真夏日である。朝は雲一つない青空となったが、
天気予報では週末のみならず、来週も概ね良い天気だと云う。ん〜、これはもしかして
今日か明日、関東地方に梅雨明け宣言が出るかも知れないぞ。平年は7月20日前後だが
なんと昨年は14日だった。今日が16日、充分にあり得る。

 中国・九州地方を襲う集中豪雨による災害を連日報道番組で見ていると梅雨明けだ、
梅雨明けだと陽気に騒いでもいられない。土石流や、河川の氾濫で亡くなった方々の
ご冥福をお祈りしたい。それにしても目を疑うほどの水の力である。岩やトラックや
大木を呑み込んで押し流してしまう。床上浸水されたお宅や商店は後片付けが大変だ。
こういう時こそ税金を使って助けてあげたい。政治家や官僚の懐を温めるのではなく。

 梅雨明け宣言が出ようが出まいが、晴れてくれれば御の字だ。雨はもう充分過ぎる程
降っただろう。首都圏の水瓶である各地のダムも軒並み平年を上回る貯水量になって
いるから安心だ。あとは晴れて夏らしい日が続いても大丈夫である。いよいよ盛夏が
やって来る。水分を多めに摂り、熱中症に気をつけてジテツーを続けていただきたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 11:36:05 on 2010/07/16 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年07月14日
本日天気晴朗ナレドモ風強シ(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は29℃で晴れ。深夜から早朝にかけてまた雨が降ったようだ。朝の内、
小雨がパラついて「また今日も電車か」と諦めかけたのだが、天気予報で昼から晴れる
と聞いて、自転車に切り替えた。乗れない日が続くと運動不足になるので、管理人と
しては3日に1回の周期で都合良く雨にならないものかな、といつも考えている次第。

 最近、腹筋を鍛える運動を続けていたが、背筋が疎かになっていたようだ。自転車
に乗ると知らない内に背筋が鍛えられるのでバランスが取れていたのに、乗れない日
が続いてバランスが崩れ、腰を痛めてしまった。やはり両方バランス良く鍛えないと
いけないと反省している。

 いよいよ来週辺りには梅雨明け宣言が出そうな予感がする。ある天気予報士によると、
明けたらすぐに猛暑になるのでは、とのことだった。来るなら来い猛暑。寒いよりかは
ずっと良いぞ。通勤で走る朝晩はそれほどでもないし、走り出した時のスッと汗が引く
感じがなんとも云えず快感。

 管理人は30代の頃、年を追うごとに夏が嫌いになったものだが、それは毎年太って
行っていたからかも知れないと思うようになった。最近痩せて身体が軽くなり、今まで
より皮下脂肪の分だけ薄着になったからか冷房が寒く感じるようになった。その代わり
夏の辛さが軽減されるのではないか、と期待している。逆に冬の厳しさはこれまで以上
になるかも知れないと思うと、今からかなり憂鬱になる。単に厚着をすれば良いのか。

 既に梅雨入りから1カ月と少し経った。中国・九州地方の雨は相変わらず心配だが、
梅雨明けは近い。天気を気にせず走れる日々が間もなく来る。あと少しの辛抱だ。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 11:07:56 on 2010/07/14 [コメント(0)][トラックバック(0)]

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044857

昨日: 0196
今日: 0190
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。