TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム


2011年02月28日
小金井市「自転車講座」(管理人のひとりごと)


 今日は朝から強い雨だったが、久々にラッシュアワーの時間帯に電車に乗ってみたら
相変わらず、押すな押すなの状態で疲れてしまった。雨降りだから、いつも以上に客が
多かったこともあるのだろう。最早、あの時間帯の電車は管理人には耐えられない。

 さて、先週の24日(木)は自活研で請けた講演があって、小金井市まで出かけて来た。
自転車健康法と日常のメンテナンスというお題をいただいて、きっちり2時間、途中1回
の休憩をはさんで、しゃべりまくった。「先生、よく舌が回るね」という皮肉なのか、
驚嘆なのか良く分からないが、スタッフの方からお褒めの言葉をいただいた。とにかく
「ペダルをクルクル回すと健康になる」ということは伝わったと思う。

 写真でお分かりの通り、ご高齢の受講者も多く、普段、乗っているのもママチャリと
おっしゃる方がほとんどなので、できる限りわかりやすく説明したつもりだが、健康に
関するテーマだったこともあり、皆さんメモなどを取りながら真剣に聞いてくださった。
自転車には興味があるけど、あの(ピタッとした)ファッションがねえ、とお感じの方
には「着なくて良いですよ」と安心させ、今さら運動なんてしてもムダでしょうという
方には「やればできる」と勇気を与えられたとしたら、行った甲斐があるというものだ。
果たして皆さんは内心どう思ったのだろうか。直接訊いてみたい気もする。

 行きは東小金井駅まで輪行して、帰り道は自宅まで自走したが、役目を終えたという
安堵感もあって心地良かった。加えて小金井市内を通る五日市街道は道幅が広く、走り
やすい、という発見があったことも大きい。普段通らない道だけに新鮮で良かった。

 さて、短い2月は過ぎ去って明日からは3月。今日は一気に冬へ逆戻りだったが、この
週末は春そのものだった。もうつま先の痺れとも、しばらくは無縁でいられるだろう。
それだけでも管理人にはありがたい。いよいよサイクリングのオンシーズンが近づいて
来た。今年の春はバタバタしそうだが、隙間を見つけてツーリングへ出かけてみたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 18:49:09 on 2011/02/28 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2011年02月17日
つま先を残して切ってみた(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は7℃で曇り。昨日は久々の青空だったが、また、どんよりとした雲に
覆われている。今夜から再び雨のようだ。雲があるおかげなのか、少しだけ暖かい。

 さて先日来紹介して来た足のつま先保温グッズだが、やはり全体を覆うフットカバー
タイプはひもを緩く結んでも締め付けられる感じが取れないので、思い切ってつま先を
残して切ってみた。するとずいぶん楽になったばかりでなく、適度な隙間が出来たこと
で空気の層が出来たからか、切る前に比べて温かさも上がったような気がする。

 結論。シューズの中に履く保温グッズでオススメなのは、つま先だけのタイプである。
ホットキャップやトゥキャップという名称でスキー量販店で売られているが、わざわざ
スキー量販店に行かなくても、ホームセンターでネオプレーンのフットカバーを買って
来て、つま先を残して切ってしまえば済む。値段はむしろ安いくらいだ。これを2足の
シューズに入れ、交互に履いて暖かくなるのを待とうと思う。

 さて、気が付くと2月も半ばを過ぎた。受験生にとっては正に実力を試すシーズンだ。
連日、通り道にある早稲田大学ではガードマンが出て交通整理までしている。ここまで
来るとジタバタしても仕方がないと諦めて平静を保つ努力をした方がいいだろう。人事
を尽くした後は運を天に任せるしかない。自分の運を信じよう。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 12:09:08 on 2011/02/17 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2011年02月14日
一歩ずつ春へ(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は4℃で曇り。時おり陽が差したり、白いものがチラチラと舞ったりと
良く分からない天候だが、今晩は確実に雨か雪が降るそうだ。途中、大手町あたりでは
パラパラと音を立てて、1mmあるかないかの霰(あられ)が降って来た。

 気温が上がらず一見冬のままのようではあるが、それでも確実に春は近づいている。
2月に入って梅の開花が始まっており、住宅地の軒先では白梅が存在感を増して来た。
毎年2月になると、決まって「春の気配が感じられる2月が一年の中で最も好きだ」と
言っていた昔の同僚を思い出す。

 三連休は東京でも雪が積もり、予定が狂ってしまった方も多かったのではないか。
管理人も打ち合わせの予定が次週へ繰り延べになるなど、影響はあった。日本海側の
積雪被害に比べれば深刻ではないが、慣れていない分身構えてしまう。思わぬ怪我を
することもあるので用心に越したことはない。1月はカラカラで火事も多かったが、
2月は少し雨量が期待できそうだ。

 疲れた頃に雨が降ってくれると、ジテツーを休む口実が出来て嬉しかったりする。
朝晩の冷えがまだまだ厳しいこの時期だけに、メリハリをつけて楽しみながら続けたい
と思う。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 11:40:31 on 2011/02/14 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2011年02月04日
やうやう白くなり行く(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は7℃で快晴。立春の今日は少し寒さが緩んでいるが、まだまだ予断は
許されない。来週は少し暖かいようだが、また冷え込む日もあるだろう。一気に気温が
上がって欲しいところだが、事はそう簡単に行かない。

 実は毎朝、朝食前に子ども達と近所の図書館までジョギングをしているのだが、以前
は真っ暗だった時間帯が少しずつ明るくなって来た。やうやう白くなり行くやまぎは、
という感じで東の空が明るくなって行くのを見ると、これから一日が始まるなあという
気持ちになる。

 往復2km程度だが、この時期でも汗が出る。自転車だと18km走ってもほとんど汗は
かかないのだが、走る方がエネルギー消費効率が良いのだろうか。関節や骨への負担が
大きいので良い靴を履くのは前提として、全く別の筋肉を鍛えられるので自転車通勤と
併せて続けて行きたいと思う。

 さて、先日購入したLEDライトに付属していたアルカリ乾電池が早くも切れた。連続
点灯12時間というスペックなので、実際にはもっと短いだろうと見当を付けていたが
やはり思った通りだった。電池を満充電したエネループに替えたら驚くほどの明るさに
なり、最初に入っていた電池より明るい気がした。もしかするとアルカリ乾電池が良く
なかったのかも知れない。確かに、テスト用とは書いてあったが・・・。

 当初、ライトを取り付ける場所をどこにしようかと考えた時、ハンドルの上部は既に
空きがなかったのでフロントフォークの上部に取り付けたのだが、ハンドルを切った時
にダウンチューブと干渉してしまうことが分かり、結局写真の位置に落ち着いた次第。
ハンドル上部に元々取り付けていたフラッシングライトと合わせて念願のダブルライト
体制が構築出来たので、更に認識率は上がったに違いない。ダイソーの赤色灯のおかげ
で後方からの認識率は簡単に上げることが出来たが、さすがに、前照灯の要件を満たす
ライトだと100円では買えない。その分、慎重に選ぶ必要があるが、モノが好きな人に
とっては楽しい買い物になるはずだ。

 先日書いた、爪先にプチプチシート(エアキャップ)を入れると温かいという記事を
読んで早速試してみたという方がいらっしゃった。少々貧乏臭いかなとも思ったのだが、
役に立ったと聞いて大変嬉しくなった。今後も様々な便利グッズを紹介して行きたいと
思う。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 12:44:47 on 2011/02/04 [コメント(0)][トラックバック(0)]

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044389

昨日: 0201
今日: 0104
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。