TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム


2013年04月08日
自転車活用推進議員連盟の総会報告(管理人のひとりごと)


 去る4月1日の16時、衆議院第二議員会館の突き当たりにある多目的会議室では
ギャラリーが100名ほど開会宣言を待っていた。この日行われたのは、およそ1年
と4カ月ぶりの自転車活用推進議員連盟(以下、議連)の総会である。この期間中、
先の選挙で自民党が大勝し政権与党に返り咲いた。議連の幹部は以前から自民党の
先生達だったので文字通り復活した訳だ。民主党時代、自転車については政治上の
動きはなかった。議連は事実上活動をストップしていたのだ。

 ところがここに来て、お膳立ては全てが整った。一昨年秋の警察庁通達。そして
昨秋のガイドライン発表。自民党主導による議連の復活。冒頭の挨拶に立った谷垣
法務大臣もいきおい鼻息が荒くなる。想像以上のギャラリーの数に先生達も手応え
を感じたに違いない。

 2007年の議連総会では、警察庁交通企画課長が「自転車は車道徹底」と宣って、
「パンドラの函を開けた」と云われたが、ようやく6年後に全て整ったことになる。
後世になって振り返った時、今年が歴史の転換点として認識されることになるかも
しれないほど、重要な一年になりそうな予感がする。

 二階先生が大規模自転車道の整備が遅れていることをネタに、ネチネチと国交省
いじめをしたのはパフォーマンスと考えればご愛嬌だが、矢面に立った鹿野分析官
が可哀想だった。彼は「分かっている」人なだけに見ている方が辛かったが、それ
も大勢のギャラリーが二階先生をして「ここぞ」とばかりパフォーマンスをさせた
とすれば、決して無駄ではなかったと云えるだろう。後で秘書連中が謝っていた。

 NPOの理事がギャーギャー騒いだところで体制に影響はないが、政治が絡むと
世の中は変わって行く。それが日本の伝統だ。従順で善良な市民は聖上(おかみ)
が決めたことには素直に従う。世の中を変えたいなら政治の力も借りねばならない。
具体的に動かして行かなければならない。机上の空論を展開しているヒマはない。

 期は熟した。雌伏の時は過ぎた。欧米に遅れること数十年だが、それでも今後は
追い付き追い越せの時代が来る。国を挙げて目標に向かうのは日本人の得意技だ。
ターゲットをロックオンすれば、愚直に走り続ける国民性もある意味で美徳だ。

 時代が変わる。そんな予感がしている。明治を迎えたサムライ達はどんな心構え
で日々を過ごしたのだろう。既得権益を剥奪されて落胆しただろうか。それとも、
新たな時代の訪れに心震わせていただろうか。管理人には失うものがないので当然
ながら心を震わせている。歴史の生き証人として、この局面のあらゆる変化を記憶
してやろうと考えている。自転車を取り巻く環境が、ますます楽しくなって来た。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 22:52:54 on 2013/04/09 [コメント(0)][トラックバック(0)]

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044861

昨日: 0190
今日: 0004
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。