TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

コラム

管理人のひとりごと

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 130 »

2015年03月04日
自転車の品質について(管理人のひとりごと)



 先週半ばあたりから、なんとなくシフトが決まらないなーと思っていた所に
2/28の国道246号線・路線バス/自転車専用レーンの実走評価会へ向かう途中
シフトワイヤーの一部が切れる小さな音が聞こえたので、こりゃ間違いないと
確信した。そろそろ替え時だわ。昨日、スタジオ入りする直前少し空き時間が
あったのを見逃さず赤坂見附駅の上のビッグカメラでシマノのシフトワイヤー
セットを買っておいた。自転車に興味のない人や自分でメンテナンスしない人
にとっては安くても価値のないシロモノだけど。

 昨日の「ひるおび!」は思っていた以上に見てくれた人がいて反響があった。
自転車の出張修理をしている方からメッセージをもらい、BAAマークが貼って
あっても溶接のひどいのもあるとの指摘があり、せっかく紹介したのに頼むよ、
という気持ちになる。業界の自主基準というだけでなく国としての安全基準を
作る時期に来ているのは間違いない。

 ひとつ気になって友人の自転車屋さんへスーパーなどで売られている安い
自転車は組み付けをどうやっているのか尋ねてみたのだが、驚いたのは現地
で組み付けを済ませ、ほぼ完組みで納品されるとのこと。ほぼ、というのは
ハンドルを下げ、ペダルを外した状態らしい。すなわち店頭ではハンドルを
正しい位置に直して、ペダルを取り付けただけで販売されるようだ。「今度
コンテナを見に行きますか」と誘ってくれたので、朝早いけど行ってみよう。

 確かに、いちいち自転車整備士が点検して組み付けているとは思えない。
最初に要領だけ自転車店へ聞くのだろうが、あとはお店の人がチョチョイ
と組んでオシマイだろう。輸送中コンテナが揺れてパーツが外れていたり、
緩んでいても専門知識がない彼らに直せるはずがない。怖いなー怖いなー。

「ひるおび!」を見た知人の一人が「自転車はスピードが出る乗り物だ、
という認識なしで乗るのは怖いなと思った」というコメントをくれたが、
怖がってもらうのは決してマイナスじゃない。自由で、楽しくて、健康や
環境にも優しくて、というキーワードもいいが、街で、歩道で、怖い思い
をさせている現実も忘れちゃいけない。だから昨日みたいなメールが来る。

 組み付けひとつ間違えば、安全な自転車も危険になる。誰が組み付けて
どう店頭に並んだかも理解しないと怖いし、保管状態が悪ければ劣化して
正しく機能しないこともあるんだと認識してもらえるようにしたい。また
自分でメンテできない人は定期的に自転車店へ持ち込んで点検してほしい。
部品交換を前提にしていない自転車は部品が壊れた時点で廃棄となる場合
もある。中にはパンクしたら捨てるという人もいるらしい。高い自転車を
買えば部品を換えながら長く乗れるので結局は安くつくという面もあるし
最近ではスルガ銀行がバイシクル・ローンも始めているので、イニシャル
コストだけで自転車を選ぶ時代は、いい加減終わりにしたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 18:31:29 on 2015/03/06 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2015年03月03日
欠陥自転車で事故続出って...。(管理人のひとりごと)


 TBSお昼の情報番組「ひるおび!」ディレクターから欠陥自転車の特集を
やるので出演を、と昨日電話が掛かってきた。毎度のことながら直前に連絡
を入れてくるので(慣れっこになってはいるものの)、つい笑ってしまう。

 欠陥自転車か。そういえば、そんな記事が出ていたなとネットで検索する。
ふむ。折りたたみ自転車の可動部分ではなくフレームがポキリと折れている。
強度不足か、あるいはクラック(亀裂)がはいっていたのか。養生テープは
何だったのか、写真を見ただけでは判断がつかない。

 過去に何度か番組に出演させてもらい、その限られた機会に打席へ入って
多くの視聴者に向け自転車のルールやメンテナンスの重要性について伝えて
きたが、やはり、楽しみ方では視聴率が取れないのだろう。とにかく危険!
事故! 暴走! というキーワードで語られることの多いこと、多いこと。
毎回、たまんない思いで出演するのだが、決まって名前すら名乗らずに脅迫
めいたメールが自活研宛に届くというのも本当にたまんない。今回も来た。

 曰く自転車の活用を謳うなら、まずは安全運転徹底と損害賠償制度を確立
させてからにしてくれ、とのたまう。差出人は歩道で自転車から怖い思いを
させられたとの由。ね、たまんないでしょ? 歩道は歩行者のためのもの。
自転車は車道の左側を走ってクルマと共存しましょう、と活動している団体
なのだから応援してくれてもいいのでは、と思ってしまう。まあね、有名税
というか目立つと思いをぶつけたくなる気持ちはわからんでもないのよ。誰
に伝えればいいか分からんから、とりあえず自転車をどんどん増やす方向に
活動している団体が憎いとばかりにメールを送りつける。困ったもんだ。

 私が今回、伝えたかったのは安全基準があるとかないとか、粗悪品がある
とかないとかではなく(一応台本↑はあるが無視)、命を預けて走る自転車
を安いからといってネットで買うなということ。私自身も苦い思い出がある。
自転車はメンテしながら乗るものだから近所の自転車専門店で買って欲しい。

 いや、それにしても生放送は緊張する。わずか15分程度のコーナーの中で
いいたいことを分かりやすく伝えたいと思うのだが、目の前では次から次へ
ADが「残り4分」とかカンペで指示を出す。出演者が見るVTRモニターには
「13:08:00厳守絶対に押すな」という紙も貼ってある。コメントかんだら嫌
だなぁとか思っていると何をいうべきなのか忘れちゃう。慣れないアウェイ
での戦いは自身3度目だが撮り直しのきかない生放送はいつも魔物だと思う。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 21:04:56 on 2015/03/03 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2015年02月26日
長い一日が終わる(管理人のひとりごと)



 長い一日が終わろうとしている。まだ明けやらぬ空を見上げ家を出てから
すでに17時間が経っている。早く帰って寝てしまいたいが、手短かに報告
しておきたい。今日も自転車政策の進捗に関して手応えを感じつつ、一方で
もどかしさを感じる一日だった。

 国道246号線の駒沢から上馬(環七)を越え30mほど矢羽根のナビライン
がペイントされ、明日から正式に運用される。来年度には三軒茶屋まで延伸
予定だ。朝7時から見ていたが、ナビラインを走る人は期待ほどは多くなく
広くもない歩道を走る人が目立つ。と云うのも、7-9時はバス専用レーン
なのに、一般車両がバスを挟んで走るため自転車はとても走りづらいのだ。

 確かに、バス専用レーンを厳密に運用する上で左折車をどう処理するかは
悩ましい問題だが、左折する気もない車両までがバス専用レーンを走るのを
どう排除するか。取り締まれるか。見ていた限りにおいて路駐車両は皆無で
それは安心したのだが、明日から始まるバス・自転車専用レーン成功の鍵は
そこに尽きる気がした。ちなみに今朝配ったビラ(両面)が上記だ。反応は
人によって様々である。あ、2/28(土)15時からのシンポジウムは参加者
を募集中です。お近くの方、是非ご参加ください。入場は無料です。

 16時からは衆議院第二議院会館で開かれた自転車議連プロジェクトチーム
の勉強会に参加。日本大学大学院の鈴木明人客員教授から東京湾岸自転車道
について提案があった。先日、舛添都知事も記者会見で自転車の走行空間を
湾岸中心に400km整備すると語ったそうだが、過去の遺産で大規模自転車道
整備の延長で考えていないか不安が残る。自転車での観光もテーマとしては
押さえなければならないが「いったい何人が走るのか」も考えて進めないと
箱物行政と云われかねない。

 勉強会第二部は「自転車活用推進基本法律案(仮称)」についての協議で
管理人としては、こちらの議題が大注目であった。いわゆる議員立法である。
まだ日本では、自転車先進国に存する「国としての方針」が定まっていない。
これまで曖昧な存在だった自転車に明確な位置付けをするのが主旨で、過去
何度も勉強会を重ねてきている。

 従来はミッシングリンクになっていた自転車の各論を埋めるものであり、
自転車に関しても自賠責保険制度の検討まで踏み込んだ内容になっている。
内閣法制局も立ち会って立法のお膳立ては出来ているが、いかんせん各省
とも「そこまでするこたぁない」とばかりの釘刺しに余念がない。この先
どうなるか引き続き注目したい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 22:33:17 on 2015/02/26 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2015年02月25日
+1LANE PROJECT提言書(管理人のひとりごと)


 TOKYOツーキニストのアクセスカウンターが100万を超えた。サイト開設が
2007年4月だから細々とやってきて丸8年かかった。でもまあ、ひとつの節目
として祝いたい。パチパチ。

 本日は東京都庁の建設局道路管理部へ+1LANE PROJECTの打ち合わせで
行ってきた。2020年の東京オリンピック・パラリンピックへ向けて自転車走行
空間の整備に対する提言書を作成し、舛添都政に反映してもらうための準備を
水面下で続けてきたのだが、正式に受理してもらえることになった。

 現場の事務方としては様々な関係部署との調整が必要だし、自転車ばかりを
優遇する訳にもいかない。提言書は要望として受理しても、その内容に沿った
整備ができるとは限らないのだ。だから、これで終わりではない。ここからが
スタートである。席上でも話題になったが新しい道路を計画して完工するまで
最短でも3年、用地買収に手間取れば10年、20年かかることだってザラにある
世界だ。巨艦となった都政は舵を切ってもすぐに進行方向が変わる訳ではない。

 でも、お互いに有意義な時間となった。自転車の市民団体だから、自転車の
ことばかり言い募るのかと思っていたようで、路線バス・自転車専用レーンが
国道246号線で始まるにあたり公共交通機関としてバスの重要性に話が及ぶと
路上駐車車両の排除と荷捌き駐車場の確保など「自転車をきっかけとして交通
問題全体をどう解決していくか」という議論に発展して今後も知恵を出し合う
約束をして別れた。

 自活研側からは小林成基理事長、小林正樹理事、疋田智理事、管理人の4名
が参加したが、それぞれ手応えを感じた打ち合わせだった。都庁側も自転車は
車道を走らせた方がいいと認識するも「未知の領域に入った」というコメント
があり、手探りしつつ進めていく状態。先行して整備された自転車インフラを
参考に新常識を一緒に作り上げていくことで意見が一致した。

 行政は税金を使って市民サービスをするのが職務であるから、市民が望む
ことを後押しすることがミッションだ。そのためには何を望んでいるか声を
上げることが第一歩なので、安全・快適に移動できる自転車ネットワークを
作って欲しいという声を上げて届けたい。自活研メンバーだけでなく、多く
の方が望んでいるのだというエビデンスとして+1LANE PROJECTに対し
下記のサイトに飛んで緑の「いいね!」ボタンを押していただきたい。

+1LANE PROJECT

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 21:08:07 on 2015/02/25 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2015年02月23日
山手通りのエプロン(管理人のひとりごと)


 今日は本格的な春を思わせる陽気だった。冬季は自転車通勤をお休みして
いる方も今日は自転車で行きたいと思ったのではないだろうか。それほどの
コンディションだったと思う。快適☆自転車通勤♪と強がっても、この時期
ジテツウはツラい。「早く春にならないか」と考えて乗っているフシがある。

 自転車のブログを書いている方が宇都宮の自転車レーンはドブ板の上に
までペイントしてレーンでございとは何ごとか、工事費の無駄遣いだという
指摘をされていた。確かに自転車もアスファルト舗装の部分を走るべきだ。
アスファルト上部分だけで1m、欲を言えば1.5mあればベストだが、幅が
狭くてもドライバーたちの教育という面では一歩前進と前向きに捉えたい。

 雨水排水溝があるドブ板の部分を道路工事業界ではエプロンと呼んでいる。
このエプロンに青い塗装をするということは、その上を走ることを推奨して
いることになるが、アスファルトとの間(横断勾配折れ、と云うらしい)に
段差が生じ後輪が滑って怖い思いをした経験が管理人にもある。できれば、
エプロンは走りたくないが、場合によっては止むを得ず走ることもあるので、
段差が生じないように施工してもらいたいと思っていた。写真は山手通りに
設置されている縁石ブロックだが、中央部分に雨水の取り込み口が一列に
排水溝へ延びておりロードバイクの細いタイヤで走るとハンドルを取られて
怖い思いをする。

 以前に、自活研のメンバーでイトーヨーギョーの阿部さんから教えて
もらったのだが最近は下の写真にあるライン導水ブロックなる製品がある
とのこと。同社の製品に限らず、この手のエプロンがない縁石ブロックが
すでに業界各社から販売されているのならば、新設する道路から積極的に
導入して欲しいものだが、それほど話は単純ではないそうだ。

 自転車専用レーンも質が見直される時期が来るのかもしれない。今は
新設されたというだけで(内容はともかく)喜んでいるが、いずれこの
エプロンにペイントしたタイプは見直されるのだろう。それでも最初の
一歩を踏み出した担当者には拍手を送りたい。故忌野清志郎さんが昔、
「この国は事なかれ主義国家だと言った方がよっぽどカッコいいんじゃ
ないか。ロックっぽいぜ」という叫びに似たつぶやきを思い出すたびに
そう思う。規制だらけの世の中で。

 管理人 拝
続きを読む
Posted by 内海 潤 at 23:12:08 on 2015/02/23 [コメント(0)][トラックバック(0)]

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 130 »

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1545319

昨日: 0156
今日: 0120
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(51歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。