TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム

管理人のひとりごと

« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 130 »

2015年01月06日
自転車都市「TOKYO」化の元年に(管理人のひとりごと)


 今朝OVEへ行き、その後に目黒の事務所に来た。途中、バス停付近の交差点
で写真の看板を発見したのだが、つい最近まで青山都道整備事業で今更ながら
歩道上へ自転車の通行帯を作っていたことを考えると、赤坂警察署と都建設局
の考え方は大きく変化した気がする。

 また一方で、今朝の日経新聞には東京都が実施した都政モニターで幹線道路
に今後整備すべき設備として「自転車走行空間」を挙げた方が80.2%でトップ
だったことが掲載されていた。

 2000年代後半にロードバイクがブレイクし、2011年3月の東日本大震災を
経て東京でも自転車通勤が盛んになったけれども、世の中の関心は業界関係者
の期待ほどには続かなかった。相変わらずママチャリ全盛で近所までの買い物
や幼稚園の送迎、駅までの足として使われている自転車が圧倒的多数なのだが
ここに来て変化が見られる。少なくとも行政側は変わって来ている。

 自転車を使った「まちおこし」や「まちづくり」の相談を持ち込まれる機会
が増えた。単なるイベントに終わるケースも多いのだが、もっと長期的に腰を
据えて取り組む姿勢が見られるようになった。自転車が諸問題の万能解だとは
思わない。ただし、かなりの部分において威力を発揮するであろうことは容易
に想像できる。

 とは言え何から取り組むか。そこが悩ましいのも事実。自治体関係者の多く
は「自転車」と聞くと「放置対策」と反射的に答えてきた期間が長くあって、
活用策は手探り状態が多い。クルマの快適さに胡座をかいてきたツケが響いて
今さら「自転車に乗りましょう」と呼びかけたところで限界はある。

 そこで件の写真に話を戻すが、自転車の車道走行を再徹底するということは
実は大きな果実がある。無論、危険論者に言わせればインフラが整備されない
現状で車道へおろすだけなら事故が激増する、一体何人の人柱が必要なのか、
安全性はどう担保するのか、という論を張るだろう。車道走行と言っても右側
を逆走する自転車が増えれば最悪だ。

 それでも現状維持では進歩がない。交通事故は14年連続で減少しているのだ。
自転車関連の事故も歩道上では増加しているが車道上では減少している。今後
さらに高齢化が進むことを考えると、自転車の車道走行徹底は急務だと考える。
歩道上を高速で「走行」している最強の自転車を車道へおろすと最弱になるが
本来の性能は発揮できる。段差がなく、乗り心地も快適だ。ナビラインなどの
整備も進めば、多くの市民が車道の魅力に気づくだろう。

 ルールというのは社会の仕組みであり、それを守ることで安全・快適に生活
できるように作られている。はみ出す人がいれば罰することでスムーズに運用
が進む。世の中には数多のルールがあるが、取り締まりの問題もあって形骸化
しているものもある。交通のルールは生死に関わることが多いので守らないと
いけないし、守らせないと意味がない。

 2015年は東京オリンピック・パラリンピックまで残りが5年を切る重要な年
だが、何かを始めるなら間に合う年でもある。行政側の方針は変わりつつある。
我々にできることは何だろうか。千里の道も一歩から。確実に変えていきたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 14:43:15 on 2015/01/06 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2015年01月01日
あけましておめでとうございます!(管理人のひとりごと)


皆さま、2015年あけましておめでとうございます。

 一年の過ぎるのが過速度ついて早くなっている気がしますが、戸惑うことなく
自転車の市民権確立へ向け邁進して行きたいと思います。今年は国道246号線で
バス・自転車共用レーンの設置と運用が開始されますね。このような動きが全国
あちこちで始まるといいなと思います。

 今年から管理人の仕事も少しスタイルを変えて進めて行けそうな気がしています。
応援してくださる方が徐々に増えて来ましたし、もうすぐ発表できそうなニュース
もあって楽しみな一年になりそうです。

 都内であちこちにナビラインや専用レーンが導入され、自転車を取り巻く環境も
改善されて来ましたので、自転車通勤の導入を前向きに検討してくれる企業が増え
てくれることを願っています。元旦に引いたおみくじは大吉。期待できそうです。

 東京オリンピック・パラリンピックまで正味5年。東京都の方針が気になります。
自活研の+1レーンプロジェクトが効果を発揮して、都政が動くと影響力は全国へ
及びます。東京都の実績ができると本当に大きい。今年はその元年にしたいですね。
管理人共々、一年宜しくお願い致します。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 17:57:38 on 2015/01/01 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2014年09月09日
自転車まちづくり(管理人のひとりごと)


古倉宗治先生が今夏上梓された「実戦する自転車まちづくり」を読了しました。
様々な事例紹介と鋭い指摘で現在の自転車を取り巻く環境の改善策を説いてあり、
実に示唆に富んだ一冊です。

先生自身も委員を務められた「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」
の意図する狙いを詳しく解説され、地域へ具体的な落とし込みが可能なように
語ってくれています。自治体職員のみならず、自転車乗り全員が一読して欲しい
内容になっています。

中でも、一足飛びに完全な状態を目指すのではなく30年スパンで考えて少しずつ
青写真に近づけて行くべきとの提案は「どこから手を付けていいか悩ましい」と
考えている担当者に「焦らず一歩ずつ進めて行けばいいんだよ」と諭してくれる
役割を担ってくれます。同時に、どこから手を付けるべきかの優先順位も明示し
アクションプランが作りやすい提案が盛り込まれています。

世界中の優れた自転車政策も、それを、そのまま日本へ持って来て成功するとは
限りません。日本独自のあり方があってもいい。ただし外してはいけない部分も
あることを先生は説きます。まずは国レベルの意志を固めることが重要なのです。

自転車を今後、どのように扱って行くか。国が指針を示すべき時期が来ています。
将来を見据えて舵を切らなければなりません。その先にバラ色の未来が示せれば
日本はまだまだ大丈夫でしょう。

アマゾン「実践する自転車まちづくり」

管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 17:57:35 on 2014/09/09 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2014年06月15日
ツーキニスト大集会(管理人のひとりごと)


 去る5月23日に日比谷公園でツーキニスト大集会が開催された。管理人が自転車
通勤を始めて早10年になろうとしているが、ツーキニストという言葉が現代用語の
辞書に載ったと聞いたのは、つい最近のことだ。それにしても疋田 智はエラいな。
物に名前を付けるというのは大変なことだし、それが人口に膾炙して辞書に載ると
いうのは凄いことだ。ツーキニストと聞いただけで「ああ、チャリで通勤する奴ら
のことだろ」と思い浮かぶ人が大半になったのだろう。

 自活研の小林理事長は「クルマ脳」という言葉を創り出した。クルマが一番偉い
と思い込んで他の交通手段を下に見る発想なのだが、日本では根深く浸透している。
道路を作る立場の人々がクルマ脳に冒されていて、「自転車の走行空間は歩道に」
と思い込んでいる節が良く見られる。「歩道は安心だけど安全ではない」を示す
データが海外から提供されるようになって最近ようやく国や警察も理解して来た。

 今では笑い話だが、管理人が自転車通勤を始めた当初は警察官から「おーい、
自転車は歩道へ上がれ!」と真顔で指導されたものだ。さすがに無くなったが、
警邏巡査の歩道走行は依然として散見される。

 さてツーキニスト大集会の話。国交省の東京国道事務所から西尾所長が参加し、
自転車活用推進議員連盟のPT(プロジェクトチーム)から参議院議員の小泉座長
も駆けつけてくれた。国道246号線の駒沢〜三軒茶屋間2kmでバス・自転車の
専用レーンを設置することが報告された。自転車はバスだけ意識して走れば良い
ことになる。運用ルールを浸透させることができれば、これまでのカオスが天国
に変わるかもしれない。現状は交通量、路上駐車、左折車それぞれが多く本当に
走りづらい区間なので、ここで実現が出来れば他所で出来ない理由がなくなる。
西尾所長の挑戦は実に果敢だ。

 議連の小泉座長は毎日通勤ルートを変えて片道20km超をこなすツーキニスト
である。黒塗り自動車の後席に座れるポジションにありながら、ペダルを漕いで
国会へ通う日々の議員なので皮膚感覚が我々と同じ。自身も自転車が大好きな人
なので話が早い。席上で関係省庁への宿題提示を忘れなかったのはさすがだ。

 管理人も事務局の一員として、最近の一連の動きに手応えを感じている。鉄は
熱い内に打たなければ冷めてしまう。過ぎ去った過去は取り戻せないが、未来は
これから変えて行ける。チャンスは常に「今」なのである。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 13:14:29 on 2014/06/15 [コメント(0)][トラックバック(0)]

2014年04月09日
春、4月。(管理人のひとりごと)


 実に3カ月ぶりの書き込みとなり、この稿を読んでくださる方々は呆れて物も
云えないかもしれないが、ともかく、忌々しい冬が去って春がやって来た。この
4月からはOVEの仕事を少しペースダウンさせてもらい、自活研の仕事を増やす
ことにしたので、今後は少し書き込みの回数も増えて行くことだろう。

 さて、1981年に5月が自転車月間と制定されてから30年余りが過ぎたが一向
に浸透した気配を感じない。とは言え業界としては云い続けて行くしかないので
色々とネタを仕込むのだが、今年は御為ごかしでなく実際に我々の声を世の中へ
届けるイベントを仕掛けている。その1つが5月23日(金)の夜に開催される、
自転車ツーキニスト大集会だ。「いまだに会社が自転車通勤を認めてくれない」
と嘆く前に参加して欲しい。仲間を増やして力に変えて行こう。

めざせ!TOKYO自転車革命ー「自転車ツーキニスト大集会」

 5月末にもシンポジウムを予定しているので、そちらは追って告知する予定。
都知事選で感じた手応えを形にしていかなくては意味がないので、一歩ずつでも
確実に状況を変えて行きたい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 19:44:04 on 2014/04/14 [コメント(0)][トラックバック(0)]

« 1 ... 3 4 5 (6) 7 8 9 ... 130 »

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044151

昨日: 0258
今日: 0067
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。