TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム

管理人のひとりごと

2009-03-19
トライアスロンのアスロニア(管理人のひとりごと)


 今朝の日本橋は13℃で快晴。ブログの更新が出来ずにいたのだが、今週から念願の
自転車通勤を再開した。年末に実家でハシゴから落下し、肋骨を3本骨折してしまって
から丸2カ月半も掛かって、ようやく完治したのだよ。

 再開した途端にまるで5月のような陽気で戸惑ってしまう。西の各地からは桜の開花
情報も入って来て、春モード全開の様相なのだ。そうか、今年の冬は乗れなかったなあ
という悔恨と共に、これからまた鈍った身体を絞ろうという意欲がムクムクと湧いて
来ている。

 昨日、トライアスリートの白戸太朗さんが代表を勤めるトライアスロンショップ、
アスロニアのオープニングイベントが代官山の店舗で行われた。トライアスリート
として大変に有名な白戸さんだが、ご本人は大変気さくな方で「ふたつの輪」設置
にも快諾していただいた。日本初のトライアスロンショップと聞いていたから、
小さな店舗をイメージしていたのだが、さにあらず。写真のアングルには写らない
スペースもあって広々とした店内で驚いてしまった。

 営業は3月24日からだそうなので、ご興味のある方は是非どうぞ。アスロニア
パーティー会場は押すな押すなの大盛況。最近知り合った渋谷区議の伊藤先生の姿
もあったが、とにかく異様に背の高い集団が存在感を出していて、なんなんだあの
連中はと一緒に会場入りしたサイクリングジャパン編集長と共に話していたのだが
後でモデル系事務所所属の一団だった事が分かって納得した。逆にトライアスリート
の姿はそれほど見掛けなかった。

 トライアスロンという競技は管理人内海には想像のできない世界に存在している。
幾つか分類があるのだが、ロングの場合、ランで42.195kmと聞くだけでもう無理。
一番短いミニの場合でも、スイム390m・バイク18km・ラン4.2kmの計22.6km
というから、もう並の人間には立ち入れない領域のように思える。ただし白戸さん
に云わせれば「ミドルエイジに最適」なのだとか。確かに白戸さんも管理人内海と
同じ42歳(また「ひのえうま」見っけ)で現役だし、いきなりロングは無理だと
しても、練習すれば出られる(参加することに意義)ようになるに違いない。

 「自転車とランはOKだけど、スイムがなあ」と思っている諸兄も多いだろう。
白戸さんは「練習すれば大丈夫」と云ってくれたが、練習する時間が取れる方に
限られる。やはりトライアスロンはセレブのためのスポーツなのかもしれない。
Posted by 内海 潤 at 22:32:17 on 2021/04/17

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのトラックバック用URL

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2065490

昨日: 1291
今日: 0488
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。