TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム

管理人のひとりごと

2015-02-26
長い一日が終わる(管理人のひとりごと)



 長い一日が終わろうとしている。まだ明けやらぬ空を見上げ家を出てから
すでに17時間が経っている。早く帰って寝てしまいたいが、手短かに報告
しておきたい。今日も自転車政策の進捗に関して手応えを感じつつ、一方で
もどかしさを感じる一日だった。

 国道246号線の駒沢から上馬(環七)を越え30mほど矢羽根のナビライン
がペイントされ、明日から正式に運用される。来年度には三軒茶屋まで延伸
予定だ。朝7時から見ていたが、ナビラインを走る人は期待ほどは多くなく
広くもない歩道を走る人が目立つ。と云うのも、7-9時はバス専用レーン
なのに、一般車両がバスを挟んで走るため自転車はとても走りづらいのだ。

 確かに、バス専用レーンを厳密に運用する上で左折車をどう処理するかは
悩ましい問題だが、左折する気もない車両までがバス専用レーンを走るのを
どう排除するか。取り締まれるか。見ていた限りにおいて路駐車両は皆無で
それは安心したのだが、明日から始まるバス・自転車専用レーン成功の鍵は
そこに尽きる気がした。ちなみに今朝配ったビラ(両面)が上記だ。反応は
人によって様々である。あ、2/28(土)15時からのシンポジウムは参加者
を募集中です。お近くの方、是非ご参加ください。入場は無料です。

 16時からは衆議院第二議院会館で開かれた自転車議連プロジェクトチーム
の勉強会に参加。日本大学大学院の鈴木明人客員教授から東京湾岸自転車道
について提案があった。先日、舛添都知事も記者会見で自転車の走行空間を
湾岸中心に400km整備すると語ったそうだが、過去の遺産で大規模自転車道
整備の延長で考えていないか不安が残る。自転車での観光もテーマとしては
押さえなければならないが「いったい何人が走るのか」も考えて進めないと
箱物行政と云われかねない。

 勉強会第二部は「自転車活用推進基本法律案(仮称)」についての協議で
管理人としては、こちらの議題が大注目であった。いわゆる議員立法である。
まだ日本では、自転車先進国に存する「国としての方針」が定まっていない。
これまで曖昧な存在だった自転車に明確な位置付けをするのが主旨で、過去
何度も勉強会を重ねてきている。

 従来はミッシングリンクになっていた自転車の各論を埋めるものであり、
自転車に関しても自賠責保険制度の検討まで踏み込んだ内容になっている。
内閣法制局も立ち会って立法のお膳立ては出来ているが、いかんせん各省
とも「そこまでするこたぁない」とばかりの釘刺しに余念がない。この先
どうなるか引き続き注目したい。

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 05:57:00 on 2021/03/05

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのトラックバック用URL

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044146

昨日: 0258
今日: 0062
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。