TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

コラム

管理人のひとりごと

2015-03-11
中国からきた自転車たち(管理人のひとりごと)


 今年も3.11がきた。もう4年になるが、まだ復興は続いている。震災当時、
各地で自転車が活躍したことは記憶に新しいが、中にはゴミかと思うような
中古自転車まで送られ被災地ではありがたいけれども迷惑な話があちこちで
あったとのこと。それでも電車やバスが動かず、がれきの山を自転車で走り
まわれてどれだけ助かったか、という話を聞くと少し救われる。

 さて、先日「ひるおび!」に出演した際にネットではなく自転車店で直接
顔を見て買って欲しいとお願いしたのだが、組み付け精度の良し悪しで同じ
自転車でも差がつくという話をし忘れた(時間がなかった)。翌日のブログ
で書いたのだが、ふとスーパーやホームセンターで売られている安い中国製
の自転車は、いったい誰が組み付けをしているのかが気になったので、友人
で自転車店を営む井上 一さんにお願いして実際の荷下ろし作業を見学させて
もらうことにした。ほぼ完組みで来て、店頭でハンドルを調整し、ペダルを
取り付けて即販売という流れができているという。どんな様子なのか、想像
しながら今朝を待った。

 問屋さんで荷下ろし開始直後の写真だが、コンテナのドアが当たる部分に
緩衝材の段ボールが置かれているのが見える。中国から完成車を取り寄せる
方式に変わってから(それまでは大阪堺から部品で送られてきた時代があり)
年々中国の梱包・輸送準備作業も質が向上して、歩留まり率は95%以上だと
教えてもらう。写真では分かりづらいが、自転車は立てた状態で上下2段、
その上に横積みになってコンテナ天井までギッシリ詰まって運ばれてくる。
作業する問屋の社員さんたちは手際よく上から順々に下ろしていくが順番を
間違えると荷崩れするのだそうだ。

 下ろした自転車は互い違いに置いて詰めて並べていく。順次小売店へ向け
卸していくのだが、それまでの置き場所がないと問屋さんはできない。雨の
日はカバーを掛ける手間が増えてさらに大変なのだそうだ。今日の自転車は
店頭価格で1万円前後の、いわゆるママチャリ。このところの円安もあって
原価が大幅上昇していて7,000〜8,000円台だというから大して儲からない。
それでも、この価格帯の自転車はコンスタントにニーズがあるから薄利でも
扱うのだそうだ。

 作業開始から約1時間で荷下ろしは完了。我々は礼をいって退散したが、
何事も現場百回で、知らないのと知っているのでは大違い。百聞は一見に
如かずという言葉通りの経験をさせてもらった。中国製の自転車は粗悪品
も多いというイメージはあるが、日本向けの仕様としてサドル、ブレーキ、
ハブ(車軸)は日本メーカーが中国で作った部品が標準搭載されるらしい。
確かにBAAマークは貼ってないが、今回見たママチャリは値段相応の商品
で粗悪品とは思わなかった。細かな仕様変更にも応じてくれるようだが、
変更するにもコンテナ1台分(240台)買うのか、と訊かれるのだそうだ。
代金は前金で港払い、中国本土でも奥地で生産した自転車は安いが、反面
輸送コストがかかるので悩ましいとのこと。ふむ、知らないことばかりだ。

 見学終了後、さいたま市内の自転車工房いのうえに場所を移して自転車
談義に花を咲かせた。定休日なのに私に長時間付き合ってくれた井上さん、
本当にありがとう。自転車業界の常識を少しずつ変えていきましょう。あ、
そうそう。自転車工房いのうえ に安い自転車は置いてない。安い自転車を
求める方は量販店で買えばいいと思うから。その代わり、完組みで届いた
自転車でもグリスアップやワイヤー詰めをやってから販売しているそうだ。
さすが、見上げた職人魂である。自転車はこういうお店で買いたいものだ。
自転車工房いのうえ

 管理人 拝
Posted by 内海 潤 at 07:28:45 on 2021/03/05

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのトラックバック用URL

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.5.7 distributed by SAMN Project
検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
2044161

昨日: 0258
今日: 0077
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(54歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。