TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

自転車通勤掲示板

自転車通勤の愚痴 : スクランブル!

投稿するにはまず登録を

投稿者 トピック
もじら
常連
  • 登録日: 2007-9-27
  • 居住地: 埼玉県さいたま市
  • 投稿: 65
スクランブル!
といっても緊急発進ではなく、交差点ですが。

私の通勤経路には一箇所だけなのですが、
家の近所にも出来まして。
なんか増えているなあと。。

で、これが結構曲者で通勤経路にあるスクランブル交差点は
手前の車道に左折車線があってどうしても歩道に上がっちゃうんですよ。(怖いので。。)
そうすると、歩行者信号に従うようになりますよね。
で、基本的にスクランブル交差点を歩行者信号に従うときは、
自転車を降りなきゃいけないらしい。
(恥ずかしながら最近知りました。)
でも、一部の横断歩道には自転車通行帯が
(クロス部分には無い)。。。?意味不明?

その経路であれば、走行可能って事でしょうか?
難しいです。意味の分かる方教えていただけると助かります。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 651
Re: スクランブル!
もじらさん

 スクランブル交差点は大都市圏でメジャーですが、自転車は考慮されていませんね。
もじらさんのように、どうすれば良いのか迷ってしまう方が続出している事でしょう。

 基本的に歩道を徐行している場合は、歩行者用信号に従って進行してよい事になって
います。歩道から歩道へ渡る場合に自転車横断帯が無い場合は、原則として押し歩きを
しなくてはならないと、これも定められています。自転車横断帯がある場合は徐行して
(乗ったまま)渡ってよいとされています。

 車道の第一通行帯が左折レーンであっても、自転車は左端を走る事になっています。
交差点を直進したい時に信号が赤の場合は停止線より少し前に出て停まり、先頭車両
のドライバーにこちらを認識してもらう事が巻き込み事故を防ぐポイントです。既に
信号が変わり、クルマが動きだしている場合は、無理をせず第二通行帯を直進した方
が合理的だと思います。現在の道交法では、左折するように交差点を左へ進み横断帯
を渡る事とされていますが、自活研では巻き込み事故を誘発するので反対しています。

 管理人 拝


検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1564767

昨日: 0990
今日: 0210
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(51歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。