TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮
Welcome to
TOKYO-Tookinist

自転車通勤掲示板

やせたい人 集まれ! : お久しぶりです

投稿するにはまず登録を

投稿者 トピック
keep_left
一人前
  • 登録日: 2012-7-2
  • 居住地:
  • 投稿: 116
Anchor Bike
ありがとうございます。競技となれば、先ずはノーマルクランクですかね。Anchorが好きです。クロモリを維持するか、いきなりカーボンを買うか…迷います…。

まずはAnchorクロモリ52/36Tに慣らすか、Sapzioで50/39Tに慣らすか…。

鹿屋のチームのスポンサーであるfunrideに訪ねてみようかな…。Anchorの自転車を使っています。いきなり80万円のカーボンを勧めてくるか…。まあ競技となれば、それくらい必要かもしれませんかね…。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 656
Re: Spazio use original BB.
Keep Leftさん

こんにちは。お返事が遅くなりました。
GIOSであっても日本で流通させるには日本仕様の方が
何かと便利だからでしょうね。

まだ退院できないんでしょうか? 気鬱ですね。
気持ちを保ってくださいね。

鹿屋にも自転車競技チームがあるんですね。
30歳でも現役で走っている人はいますから、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

管理人 拝
keep_left
一人前
  • 登録日: 2012-7-2
  • 居住地:
  • 投稿: 116
Spazio use original BB.
ふと2010年のgiosカタログを見ていたところ、
spazioをはじめクロモリフォーク車のBBがオリジナルであることが分かりました。
しかもGIOSという輸入車なのに68mmでJISであることも…。
そのため、パーツ交換そのものができなくなり、余計な出費を減らせました。

まだ入院中ですが、マイチャリの写真を見て、
これからも頑張りたいと思います。

鹿屋のチームも、男性選手が増えるようになりました。嬉しい限りです。
ただ、私の30という年齢だと入部はチトきついかな…。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 656
Re: 僂廚屬任
Keep Leftさん

 こんばんは。
久しぶりの書き込みありがとうございます。なんとかやっているとのこと。
安心いたしました。サイトに書き込めるということは、それくらい元気だ
ということですものね。

 早く自転車に乗りたい。どういうことですか? 暑くて乗れないのか、
どこか調子が悪いのか。教えてください。

 自分のスマホ。あると便利ですよね。今、ウチの息子はSIMカードの
契約が切れてしまったので、外で使えず不便だと申しております。常に
肌身離さず持っていた人が使えなくなると困惑するようです。今年は
受験生なので、無くても良いと思うんですが笑

 管理人 拝
keep_left
一人前
  • 登録日: 2012-7-2
  • 居住地:
  • 投稿: 116
僂廚屬任
少しの書き込みになりますが、今はなんとかやっています。早く自転車乗りたいです。あと自分のスマホを持たないと。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 656
Re: Cantilever Brake feeling
Keep Leftさん

 こんばんは。カンチブレーキいいですねえ。利きこそ最新のブレーキに劣りますが、
デザインがいい。決して「最新が最良」とは言えませんね。ノスタルジーを感じます。
予測は何の運転でも重要です。「飛び出すかもしれない」と常に警戒することが事故
を防ぎます。

 熊本で巻き込まれたんですか。かすり傷程度で収まって良かったですね。頭にヘル
メットを被れば大丈夫と思っている人が多いので、心配しています。

 南薩摩市は自転車の施策に積極的ですね。陰ながら応援しています。
自動運転車が世の中を救うと言われますが、私は自転車が世界を救うと信じてます。
まあ細かいところはいいので交通事故の無い世界にして行きたいですね

 管理人 拝
keep_left
一人前
  • 登録日: 2012-7-2
  • 居住地:
  • 投稿: 116
Cantilever Brake feeling
 カンチレバーブレーキは、大型車の排気ブレーキにフィーリングが似ている気がしてきました。ブレーキの効き具合に頼らず、予測されるクルマの動きを事前に察知しなければなりません。パーキングの看板を道路上で発見したら、左折車があると察知しなければなりません。お陰で事故は熊本で左折車に関する件で1回、かすり傷程度で済みました。

 話は変わりますが、鹿児島県南薩地区の道路は、カーブが多いので、クルマの自動ブレーキシステムが作動しないか不安です。まあしかしながら自動車専用道路が南薩地区にも開通したので、一般の国道は、以前とすると交通量が減ってはきていますが。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 656
Re: CR-MO Bicycle
Keep Leftさん

 YouTubeに自転車の動画も、たくさんアップされるようになりましたね。今はまだ
速く漕げないかもしれませんが、イメージトレーニングならできると思うので、元気に
なったら、どこへ行こうか考えながら過ごしてください。

 合宿に納車が間に合わなかったのは残念でしたが、これからまだいくらでも自転車
に乗って楽しむ機会がありますから、今後に期待しましょう。早く退院できるといい
ですね。

 病院で様々な動画を見て研究して(褒めながら)後輩たちに技術を教えてあげて
ください。あまり先輩風を吹かしすぎると煙たがられますよ笑

 管理人 拝
keep_left
一人前
  • 登録日: 2012-7-2
  • 居住地:
  • 投稿: 116
CR-MO Bicycle
Youtubeでクロモリロードで車道をひたすらに走る動画を見ました。h速かったです。この動画を見ると、なんだか乗りたくなりました。T字交差点でも停車していました。

Spazioの納期がもう少し早ければ、サークルの思い出を刻み込めたかなと思います。B3では、他人のペースに合わせる疲れや電験三種の受験で精一杯でした。まあ合宿や追いランには、自転車を借りて参加していたからよかったかと。

退院したら、できたら今のサークルのメンバーに技術を教えていけたらいいなと思います。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 656
Re: spazio
Keep Leftさん

こんばんは。お久しぶりです。まだ入院中なのですね。無理なさらないでください。

カーボン全盛時代にあっても、クロモリ人気は一向に衰えませんね。それだけ根強い
ファンがいるということですよね。古くて新しい素材として可能性を秘めた素材だと
言えます。加工しやすいのもメリットだと思っています。

それにしても、たくさんの資格をお持ちなんですね。驚きました。まずはしっかりと
体調を整えていただき、元気に退院してください。健康は失ってから大切さに気付く
ものですから、今は治療に専念してくださいね。

また時間を見つけて書き込みしてください。なるべく間を置かずに返信しますので。

 管理人 拝


検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1726856

昨日: 0258
今日: 0439
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(52歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー!局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルールやコミュニケーションとプレゼンテーションなどに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。