TOKYOツーキニストは自転車で通勤する人=ツーキニストを応援するコミュニティサイト。 既に自転車通勤している人も、これからの人も集まれ!

 
 
 
 

やじうまプラス
 

23分でわかるテレビ
 

自転車の安全な乗り方
 
 
 

講演の依頼はこちら
 
 
 管理人も教えています

初の自転車専門学校
 
 

管理人が事務局長です


自転車活用推進研究会
 

自転車通勤+ひと工夫

内海潤が半年で20kg
減量したノウハウを
この一冊の本に凝縮

自転車通勤掲示板

困っている人集まれ! : 風よけに対する相談

投稿するにはまず登録を

投稿者 トピック
takehiro
新米
  • 登録日: 2015-7-28
  • 居住地:
  • 投稿: 4
風よけに対する相談
皆様初めまして。この掲示板にだれかいらっしゃることを願って。
ここ1か月くらいで自転車通勤を始めた初心者です
結婚以来、モテと引き換えにアグレッシブに摂取し続けた脂が
ベルトの穴ひとつ分どこかにいってくれました。嬉し、楽し。

今日本格ロードの方が信号待ちで一緒になりました。
後ろにくっついていけるところまで行ってみよう、と勝手に思い
その方の後ろをついて通勤してきましたが、やはり速い速い。
でもなんとかくっついていけるレベル。結局30分くらい後ろについていました。

最終的にはちょっと離れたらもう追いつけなかったのですが
記録大幅更新というか、それでもこの1か月で最も早く会社につきました。


さてご相談です。
知らない人間に後ろにつかれるのはやっぱり迷惑でしたかね。
(私にしたら)速い速度で巡航できるのが楽しくて何も考えずに
ずっとくっついていましたけど、マナー的にはどうでしょうか。


ほとんどの方が「問題ない」ならこれからも機会があれば、ですし
マナー的にあるいは交通的に危険なら考えなければならないと思っています。

よろしくお願いします。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 649
風よけに対する相談ありがとうございます
takehiroさん

こんにちは。管理人の内海です。ご質問ありがとうございます。

そうですねー。ずっとくっついて走るのであれば、私は気になりません。
途中で抜くとムキになって追いかけて来る人は多いように思いますが。
風よけとして前車を利用する場合、テールトゥノーズでピッタリくっついて
走ることになりますから、追突には十分注意してくださいね。
幸い、自転車は幅がありませんからハンドル操作で回避できるケースが多い
と思いますが、注意するに越したことはありません。

たまたま前に走る自転車がいて、向かう方向が同じだったということで
目くじらを立てるのもおかしな話ですから、事故に気をつければ問題ない
と思いますよ。暑い時期は熱中症に気をつけて、水分をこまめに補給
しながら自転車通勤を続けてくださいね。

管理人 拝
takehiro
新米
  • 登録日: 2015-7-28
  • 居住地:
  • 投稿: 4
Re: 風よけに対する相談ありがとうございます
返信ありがとうございました。
そうですね、事故だけには気を付けてくっつかせてもらえるなら
くっつかせてもらう、というスタンスで行きたいと思います。

しかし自転車通勤初めて1か月ちょっとですが、
やっぱりもっといい自転車がほしくなりますね。
自転車における爽快な速度と、その空気抵抗とか体感すると余計にです。

このまえ買った自転車は本体5万円くらいのいわゆるエントリーモデルなので
(私にしたらそれでも超高級自転車でしたけど)
車輪をもっと細いのに替えちゃおうかなあ、とか
ドロップハンドルでもっと前傾なら空気抵抗もだいぶ少ないかなとか
ビンディングみたいな引き上げでも漕いでみたいなあとか。
あげくにはMTBもかっこいいなあ、と方向性すらバラバラですが。

次買うときはきっと平気で30万の予算を組んでそうで怖い。
いや、怖くない。楽しみです
相談でもないのにツラツラとすいません。
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 649
今が一番楽しい時ですね。
takehiroさん

こんにちは。管理人の内海です。

いや、良くわかります。色々な妄想が次から次へ湧いて来る楽しい時期ですね。
タイヤなんかは細いのも試してみてください。スピードは確実に上がりますよ。
ただし、乗り心地はガツガツ言って悪くなりますが。

最初の自転車に5万円も投資されたのは先見の明があります。大した目利き
です。その自転車は長く乗ってください。メンテナンスすれば乗れますから
古くなっても置き場所さえ確保できるなら捨てないでください。気分転換
できますから。

ビンディングは慣れると手放せなくなります。MTBも楽しいです。私はロード
も好きですが、MTBの方が好きですね。立体的な楽しさがありますから。
ただ都心では満足に乗る場所がないのが難点です。わざわざ山へ行くほどの
気合が入りません。

今の自転車に乗りながら、じっくりと次の自転車をイメージしてください。
フレームビルダーは皆さん口を揃えて言います。「どんな自転車が欲しい?」
どんな自転車が自分にベストなのか分からない内は買わない方が良いです。
予算が有り余るほどあれば別ですが、やはり普通は予算内で選ぶケースが
ほとんどです。30万円もあれば、選択肢は山ほどありますから、どういう
シーンで使うかを想定して焦らずに、ゆっくり検討してくださいね。

 管理人 拝
takehiro
新米
  • 登録日: 2015-7-28
  • 居住地:
  • 投稿: 4
たびたびですいません。
管理人さんこんにちは。
お盆も終わり私も10日ぶりくらいに通勤を開始いたしました。
昨日は雨だったし。残念。やっぱりいいですね。
朝のこの始業までのクールダウンの時間も含めて楽しいです。

さてたびたびの質問で恐縮です。ライトについてです。
私はキャッツアイというハンドルにとりつけるタイプの
ライトをつけています。

このライトが先週ダメになっていました。
電池交換しようとフタをあけたらべちょべちょ。
あーこれだ、と思って拭いて乾かしてもダメ。

自転車は自宅では、部屋の中に置いとけるのですが
やはり会社では野ざらしの駐輪場です。
雨の日は自転車使わないけど、やはり夕立などの突発的な
雨はしかたないものでしょう。

そこで相談です。次のライトを買うんですが、どうしましょう。
1:同じ(ような)商品を買い、乗らないときは取り外し。
2:サランラップか何かで常にガード。あるいはガード商品あり?
3:いまは雨にぬれても壊れないライトがある!
4:ヘルメットに付けちゃう!?(法律的にどうだろう?)
5:その他

と考えるいろいろ選択肢は多くあるのですが、普段どうされてますか?
内海 潤
管理人
  • 登録日: 2007-2-17
  • 居住地:
  • 投稿: 649
ライトの件
takehiroさん

こんにちは。今日は通勤日和でしたね。私は昨夜、膝を打撲してしまい今日は
電車で出勤しました。

さて、お尋ねの件ですが、キャットアイのライトは全品防水仕様のはずです。
中身が濡れていたとのことですが、初期不良かもしれませんね。買ったお店
(ネット購入でなければ)に現品を持参の上で取り替えてもらうことをお勧め
します。

雨の日に自転車で出かけないようにするのは私も同様ですが、途中で降られる
ことはよくあります。そんな時にライトの心配をしていたのでは大変です。
自転車用ライトは本来、雨を気にせず乗れる物でなくてはなりません。
キャットアイは前照灯のほか、サイクルコンピューターや尾灯など多くの
自転車用アクセサリーを製造する大手メーカーで社長の津島さんとも面識が
ありますが、立派な会社です。

ただ先日キャットアイのサイクルコンピューターを買ったのですが、初期不良
がありアマゾンで交換をしてもらいました。中には、そういう不良品も存在
するのでしょう。

ライトをヘルメットに装着するのは法的に問題ありません。私も1つ付けて
います。リチウムイオン電池を仕様した充電式の明るいライトもありますが、
運用を考えると、やはり単3か単4のエネループが使えるタイプを勧めます。
私はハブダイナモで発電して点けるライトを含め前に4つ、後ろにも4つほど
装着して乗っています。目立った方がドライバーから認識されますので。

ご検討ください。宜しくお願いします。

 管理人 拝


検索
投票
勤務地を教えてください
大手町・日本橋・日比谷・京橋
神保町・九段下・水道橋・春日
赤坂・永田町・溜池山王・霞ヶ関
渋谷・原宿・表参道・青山
池袋・飯田橋・高田馬場
新宿・市ヶ谷・四ッ谷
六本木・恵比寿・目黒
銀座・新橋・虎ノ門・浜松町
上野・秋葉原・神田
品川・田町・五反田
アクセスカウンタ
1509374

昨日: 0324
今日: 1573
管理人プロフィール

内海 潤
(うつみ じゅん)

自転車ツーキニスト。1966年9月14日生まれ(51歳)兵庫県出身。筑波大学卒業後に株式会社リクルートへ入社。振り出しは人事部で社員採用に携わる。転職情報誌「B-ing」、「とらばーゆ」や旅行情報誌「じゃらん」などの営業職を経て、関連会社へ出向。スカパー! 局のAct On TV勤務時代には映像制作業務を経験。退職直前に最後の仕事として制作した「発見! 自転車ライフ」は後年、同チャンネルで人気番組シリーズとなり、団長安田さん出演で現在も続いている。退職する一年ほど前から自転車の魅力に取り憑かれて自転車通勤を始め、どんどんのめり込んだ結果、多くの方に広めたいと、18年半勤務したリクルートを自己都合退職して自転車関係の事業会社エクスゲートを起業。自転車通勤者応援サイト「TOKYOツーキニスト」を立ち上げた。活動を通じて後に共著者となるmonoマガジン創刊編集長の飯島氏と出会い、フリーマガジン『読む自転車・ふたつの輪』の編集やJCA(公益財団法人 日本サイクリング協会)機関誌『サイクリングジャパン』の副編集長を経験。飯島氏らと共に自らの身体を実験台にして痩せる技術を確立させ、『これが男の痩せ方だ!』を共著、2011年3月に出版した。2012年2月からはNPO自活研「自転車検定」の復活に尽力。同年4月から東京サイクルデザイン専門学校で自転車のルール、歴史、コミュニケーションとプレゼンテーションに関して教鞭を執る。2013年1月から2年間は南青山にある株式会社シマノが運営するLIFE CREATION SPACE OVE(オーブ)にて自転車文化の発信に務めた。現在、NPO自活研(自転車活用推進研究会)の事務局長として自転車の市民権確立を目指しテレビ・ラジオへの出演や講演・執筆などを行う一方、超党派の国会議員で構成する自転車活用推進議員連盟の運営を事務方としてサポートしている。双子(一男一女)の父親。